歴史の転換点

2020–03–14 (Sat) 12:21
毎日コロナウィルスのことでウンザりしている人達も多いだろう。
普通に日常を送っていられることがどれほど有難いか、自覚した人も多いのではないか。
あるいはこれを機会に家族の有難さに気付いたり、自分の周りの人間関係で新たな発見があった人もいるかもしれない。
普段被っている仮面の下の顔が垣間見えたり、緊急事態は人間の本質を見せてくれる。
しかしまだこれからだと思う。

今回のコロナウィルス流行について、思っていることを書いてみたい。
以前から何か大きなことは来るだろうと予想していたのは、何度か記事にしたように思う。
一番恐れていたのは戦争と大災害だが、これは誰もが予想していたことで、その集合意識が道をずらしたように思う。
よく予言は口にしたら当たらないというが、量子力学的に考えるとそれを認知した集合意識が回避させるということはあるかもしれない。

こんな感染症のパンデミックは前記の二つに比べれば、予想している人は世界でも少なかったろう。
戦争は人為的なものなので、特に人の意識で左右できる可能性が大きい、
年初めにアメリカとイランが開戦前夜の様相になったが、全世界の人々が第三次世界大戦という意識になったので回避された。
大災害大地震は自然の物なのでどこまで人間の思念が通じるかはわからないが、それもある程度は延ばしたり軽減させることは出来るような気はする。

今回のパンデミックは誰も予想だにしなかった事態だが、多分地球の来るべき厄難として戦争や大災害の代わりに違う形で来たものだと思う。
自然でも人為的でもそれはもう関係なく、人類の受難、淘汰、リセットをする予定調和の出来事だと思う。
多分世界はこれによって変化、変革を余儀なくされるだろう。

旧来のシステムが壊れたり、社会の在り方が変わる可能性もある。
それは戦争と同じ過程を辿るかもしれない。
各国で非常事態宣言が出されているが、これはいわば緩い戦時下に入ったと言えよう。
国が個人を管理する、私権を制限するのは戦争中と同じだ。

日本もオリンピックが不可能になったら、安倍総理はやっと手に入れた夢の緊急事態宣言を使わないわけはない。
厳しい人権制限を伴ったものを出して国民を制御するだろう。
子供が魔法の杖というおもちゃを手に入れたらどうなるか考えるのも恐ろしいが、まあ、あまり悪い予想は控えよう。

私はこのコロナ禍が完全に悪いものだとは思いたくない。
スピ的に言えば人類を覚醒させるとか次のステージに上げるというが、それも一理はあるかもしれない。
ただ、コロナに愛を送れば救われるとかアセンションした者だけがゲートをくぐれるとか、そんなお花畑的な事象ではなく、結局これまでもあったような歴史の大きな転換点だと思う。

それが現実なのだから今は緩い戦時下であり、生き残るも消えていくもある意味この時代を選んで生まれて来た我々魂の宿命なのだ。
私は淡々と自分と自分の大事な人達が生活できるように、現実的な展望を持って必要な事をしていこうと思っている。


1c45f0acff4f4bd9733180923598ad51_s.jpg




ブラックマンデー

2020–03–10 (Tue) 11:48
アメリカの株価が1日で1800ドルも下がった。
昨日は日本も1000円以上下げている。
まさにブラックマンデーだ。

コロナウィルスで世界の経済崩壊が起こるのか。
リーマンショックはリーマンブラザーズの倒産でそれ上のことは起らなかったが、コロナウィルスは今まだ進行形などころか、もっと増悪が予想される。
中国は落ち着いたように見えるが、未だに経済活動は元通りに戻っていない。

そして今度は欧米に広がっている真っ最中だ。
燎原の火のように、程なく世界を覆いつくすような気がする。

あるブログでパンデミックは致死率の高い感染症ではなく、軽くて感染率の高い病気が長い間流行ることだという論文を紹介していた。
つまり感染しても自分でも気付かず感染を広げ、いずれ社会活動を停止させ経済崩壊を引き起こし、そのせいで多くの人間が死ぬという筋書きだ。
感染症で死ななくても社会の混乱と経済活動の停止で物資も滞り、弱者や貧困層は収入もなくなり死に向かう。

社会のシステムがダウンするから戦時中のような混迷が予想される。
考えただけで空恐ろしくなる。
日本も高齢者は年金が足りず、70歳を過ぎても働かなければならないのが今の現状だ。
この二週間の自粛でも働き盛りのフリーランスの人が悲鳴を上げているのに、仕事がなくなった高齢者はどうなるだろう?

本当に怖いのは感染症で死者が出るのではなく、その影響で死者が増えることだろう。
この二週間の全国休校と自粛で、もう確実に影響は出ている。
政府は補填すると言っているが、この感染が数か月も続いたら補償など打ち切るに決まっている。

まあ、最悪の予想を描いてしまったので真に受けないでは貰いたいが、株価を始め、為替、原油など経済の指標となるものが激しい失速を示している。
日本も何か手当をしなければならないが、緊急事態宣言が入る特措法で私権制限を手に入れた安倍総理なら、預金封鎖とかいきなりやりそうで怖い。

資産のある人は今のうちに防衛策を、生き延びたい人は自給自足の算段を考えておいた方がいいかもしれない。
ブラックマンデーのおかげで今日は思いっきり悲観的な記事になってしまったが、大抵悪い予想は外れることになっているので、これで厄払いということにして読んだら忘れてほしい。笑

以下は今日引用させて貰ったブログだ。

https://indeep.jp/we-found-new-coronavirus-is-ultimate-pathogen/


003-7.jpg





人間の闇

2020–03–07 (Sat) 12:20
しばらくヒッキーをしていたのだが、久しぶりにショッピングセンターに用事があって出かけた。
平日の午後だというのに人混みは変わらず、むしろ十代の子供たちの数が増えたように思う。
皆マスクはしていたが、普通に買い物をし子供たちは楽しそうだった。

毎日真実を知りたいと情報を集めているが、私の脳内の感覚と街の様相は激しい乖離があることにちょっと驚いた。
何かの事象があってもそれについての受け取り方、アプローチは人それぞれだ。
それはいいことなのだろう。

誰かの掛け声で一律同じ方向を向かされるのは独裁国家だ。
今それを手に入れたくてバタバタしているのが我が国の政権だが、転んでもただでは起きないところに呆れる。
緊急事態宣言を発令したら、パニックを煽るという理由で政府批判をするSNSも規制される可能性がある。
このブログもその対象かもしれない。

原発事故の後、日本社会では人間が色分けされたように思う。
安全と危険という大きな塊が出来て、どちらも決して相容れない。
家族でも夫婦でも根本的な価値観人生観の相違があらわになり、別れたり断絶した関係もあった。
特に離婚が増えたそうだ。

今回も決して分かり合えない人間同士というものが浮き上がってきたように思う。
有事の際にはそれが顕著になる。
最近気づいたのはネットの世界で「分かり合えない人間」「波動の違い過ぎる人間」があまりにも多いということだ。
顔が見えない正体がわからないという世界は、人間の闇の部分が剥き出しになる。

人は変えられないし変われない。
どんな極悪人でもそれがその人の今生の魂のプログラムだからだ。
無理だと思う人とは交わらない方が身のためだし、特に生理的に拒否感を感じる人はなるべく近づかない方がいいだろう。

今私の生活は殆どネット世界になっているが、この有事の時には尚更バーチャル世界はリアル世界より人間の本性があからさまになることを痛感している。



be9d5030e21aaf842172fbca2a080b23_s.jpg






霊性が試される

2020–03–03 (Tue) 11:00
今日は雛祭りだ。
今の日本の現状では、それどころではない家庭も多いのではないだろうか。
雛壇を飾っている家庭も少なくなったし、もう古式ゆかしい季節ごとの行事は廃れる一方なのかもしれない。
小さい頃は雛壇を飾って雛祭りには甘酒と桜餅、散らし寿司を食べたものだが、今の女の子のいる家庭はどうなのだろう。

こんなおめでたい日なのに、今現在の日本はかつてない状況に陥っている。
ここ数日で日本社会は様変わりしてしまった。
ネガティブな集団意識が日本全体を覆い、その影響か私も体調が悪い。

この淀んだエネルギーにやられて体調を崩している人もいるように思う。
皆不安でトイレットペーパーやティシュぺーを買いに走る気持ちはわかるが、ドラックストアでは争奪戦になって修羅場が繰り広げられていると聞く。
トイレットペーパーを奪い合ってウィルスに感染したら本末転倒だと思うのだが。

集団意識でヒステリーやパニックを超すのは人間のサガなので仕方がない。
特に物を奪い合うようなタイプの人間はそういうを持っているから、いくらやめろと言っても無理だろう。
それが彼らの今世の生き方なのだ。

こういう緊急事態や有事の際に、人間はの霊性を問われると思う。
買い占めてメルカリに高額で転売する人もいれば、手にしたトイレットペーパーを買えなくて困り果てている人に何個か譲ってあげたツイートも目にした。
マスクの転売で100万円くら儲けけた人の話も聞いたが、今回も数倍の値段でトイレットペーパーがメルカリに出ていたから一儲けする人もいるだろう。

この新型コロナウィルスの世界的流行は、人類が試されているのだと思う。
スピ界では大きな変革とリセットと言われているが、あながち間違っていないような気がする。
淘汰があったり政治や社会システム、経済制度が変わったりする可能性はある。
これが端緒で数年かけて変わっていくのではないか。

イルミナティーの人口削減計画とか陰謀論も言われているが、人為的にしろ何にしろ、もっと大きな天の領域で事は起っているのかもしれない。
逆らいようがないこの流れの中で、粛々と与えられた生を全うしていくしかないのだろう。


DSC_0506-8.jpg





「#安倍辞めろ」のトレンド

2020–02–29 (Sat) 14:22
今日ツイッターのトレンドで「#安倍辞めろ」が一位になっている。
理由はもう散々このブログでは書いてきたが、突然ぶち上げた「全国一斉休校」が国民をカオスに陥れたのがダメ押しだろう。
その間の手当ても何も考えず、お気に入りの参謀と一緒に思い付きで決めたスタンドプレーのようだ。
もう今更政権のことは書きたくないのでやめておくが、何となく国民の怒りが臨界点に来ていると感じている。

新型コロナウィルスはインフルエンザ程度と国民への刷り込みに国は必死だが、エイズウィルスのタンパク質を持っているので体内からなかなか消えず日本でも一旦陰性になった人がまた陽性に転じている。
一割ぐらいの人は体内からウィルスが消えず持ち続けて、いつまた再燃するかわからないし周囲にも撒き続ける。

ここへ来てアメリカが異様なほどの反応を見せている。
カリフォルニアで集団感染が起ったのだが、このウィルスの実態を知っているからだろう。

311の時の原発事故に擬している向きもツイッターでは見かける。
散々こき下ろされていた民主党だが、あの時の民主党は国民に向けて真摯だった。
利権官僚に足を掬われながらも不眠不休で対策を講じていた。

あの時が悪夢の民主党だとしたら、今は地獄の自民党だろう。

さて、皆外出を控えるようになり、私もいつも以上にヒッキーの生活をしている。
こんな時はスピリットガイドとコンタクトを取るとか、内観の時間を作るのもいいかもしれない。
スピ的に新型コロナウィルスの意味を解説している人は多いのでここでは言及しないが、少なくとも感染が多い国は日本を始め試されているのだと思う。

有事の際に人間の本質が分かる。
今の政治家ははそれをよく証明している。
原発事故の時にデマと言われても放射脳と馬鹿にされても、いち早く危険を察知し危機管理した人は今回も事態の深刻さを早くから気が付いていたのではないか。
私は一週間前くらいから最小限の物は買っておいた。
品不足もそうだが物流が滞るかもしれないと思ったからだ。

勿論楽観的な人は案外コロナウィルスにもかからず、生活も影響なく過ごせるかもしれない。
人それぞれだ。

有事の際は国や政府の言うことは鵜呑みにせず、正しい情報を取りに行き自分の判断と直感で動くのが一番だと思う。


DSC_0209.jpg




« 前へ | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR