香りと過去生

2019–05–11 (Sat) 16:29
私はスピリチュアルに覚醒してから特に香水が好きになった。
考えれば若い頃から好きだったのだが、香りのスピリチュアル的意味を知るようになってからは、外出の時は必ずパワーストーンと香水はつけている。
特にスピリチュアル関係の場所に行く場合は、パワーストンブレスレット、マニュキュア、指輪、ネックレス、バッチリ化粧に香水と、完璧に魔除け武装だ。笑
それでも邪気をお持ち帰りの時もあるから、そうなれば本人自身の意識の問題かもしれないが。

香水はずっと好きだったが最近好きな香りがあるのに気付き、その周辺を過去から遡って検証したことがある。
「マグノリア」の香りが好きなのだが、これは最初に若かりし頃持っていた香水で何故か匂いが印象に残っていた。
どうして手元に来たのかは忘れたが、今でも香水のボトルの映像を覚えている。

数年前も突然マグノリアの香水が欲しくなり、探していたところラッキーにもプレゼントされて大事に使っていた。
ここぞという時の「勝負香水(笑)」にしていたが、そのマグノリアに拘る理由がある時セルフヒプノをしていて分かったのだった。
それは私の過去生がマグノリアに幸せな思い出を持っていたからで、その記憶を今のも覚えていたらしい。
今世で私の後ろにいるガイドとも関係があって、その理由を紐解いていくとなるほどと思えたものだ。

が過去生から持ち越すものはカルマやネガティブな記憶の方が多いが、時には楽しかったことや幸せだったことも持って来るらしい。
どうしても好きな物や行ってみたい所、うきうきすることなど、きっとがかつて経験していた良い思い出なのだろう。
もし、そんなもの、そんな場所があれば、是非試してみた方がいい。
そして嬉しい気持ちになったり幸せを感じたりしたら、それは今のガイドが元気づけてくれているのだと思う。
「楽しい時、幸せな時があったのだよ、思い出してごらん」と。

マグノリアは私にとってそういう意味を持つ香水だと確信したのは、昨日お土産に貰った香水がマグノリアの香りがしたからだ。
ボンド・ナンバー9というニューヨークの香水メーカーの 「マディソン アベニュー」というお洒落な香水なのだが、香りをかいだ瞬間マグノリアだと思った。
買ってきた御当人も知らなかったようで、成分を調べたらやはりマグノリアがミドルノードに入っていたのにはびっくりだった。
これはシンクロに違いない。

最近は低空飛行気味だったので、元気を出してと後ろのガイドが励ましてくれたのかもしれない。
なんだか嬉しくなって今日の目覚めはとてもよかった。笑

疲れている時、辛い時は我慢せずに、好きなものを買ったりしたい事をしたり行きたい所に行ってみるのがいい。
特にどうしても拘りのあるものは、きっと過去生からが馴染んでいるものだ。

小さい頃から思い返して「なぜか○○が好きだった」と思い当たることがあったら、それを大事にするとは喜ぶだろう。


sayumi.jpg img_4.jpg






孤独死

2019–05–08 (Wed) 17:55
知り合いの画家が孤独死をした。
なんとも気の毒な亡くなり方で心が痛む。

元気でパワー溢れる人だったが、死というものは予想も出来ない形で来るのだと思わずにはいられない。
大病をしても長患いでも長生きする人もいるが、健康に見える人があっけなく逝ってしまうこともある。
つくづく人間は寿命があるのだと思う。

一人で暮らしている以上はある程度の歳になったら孤独死の覚悟は必要かもしれない。
死だけはどんな人間にも平等にやって来ると言うが、孤独死も案外人を選ばずやって来る。
孤独死と聞くと家族のいない独り身の老人が狭いアパートで死んで発見されるというイメージだが、中には芸能人や著名人の孤独死のニュースもあった。

今の時代は結婚せず子供もいない人、離婚したり死別して一人暮らしの中高年は多い。
身寄りがない人もいるし親戚縁者とは疎遠で、何かあっても連絡したり助けてくれる人もいないという一人暮らしの人もいるだろう。
まして会社勤めもせず自営や年金生活なら社会とすでにパイプがないのだから、孤独死は他人事ではない。

私は孤独死が不幸だとは思わない。
ただ、何日も発見されず放置され迷惑をかけるのを避けることは、死が身近な歳になって独り暮らしなら考えておくべきだろう。
孤独死の場合は大抵予期しない形でなるようだ。
救急車を呼ぶこともできない状況なわけだから、亡くなり方としてはそんなに苦しまずに逝けるのかもしれない。

突然死でが死んだことを自覚していない場合があるのが、一番の問題だろう。
だから孤独死のあった部屋は、何かと思念が残ったりする。
そういう意味で、孤独死はきちんと供養だけはするべきだと思う。

誰もどこでどう死ぬかは自分で決められない。
だから然るべき年齢になって独り暮らしの場合は、孤独死は自分にも起こり得るものだと腹を括るしかないと思う。
家族に看取られ辞世の句の一つも残して死ぬのが幸せかもしれないが、孤独死も誰も煩わせず一人で自分の始末をつけたのだから立派な死に方ではないだろうか。



IMG_20120801_230908.jpg





スピリチュアル的雲

2019–05–06 (Mon) 17:11
スピリチュアル世界では雲好きの人が多い。
「雲好き」などと言うとお叱りが飛んできそうだが、雲の形が天や霊界からのメッセージと捉える人が多いということだ。

普通は誰も雲の形など見ないと思う。
空の雲をチェックしている人は気象関係か地震マニアか、スピリチュアリストくらいなものだろう。
私は地震雲は信じているので、地震雲か出ていないかと時々見ることはある。

スピ関係で一番多いのは雲の形を龍神、鳳凰、あるいは天使、天使の羽と見ることだ。
龍神が一番多くて、私が入ってしまったFBのスピグループには、毎日のように「龍神の雲です」逆光フレアが「神様の光が写りました」という喜びの報告と写メが上がってくる。

正直なところ「龍神に見えるかな」「神社に行けばフレアやゴーストはいつでも撮れるけど」と思うことがあるが、御本人達の目にはそう映っているし、本当にそういうエネルギー体からのメッセージかもしれない。
私自身もまれだが雲がそういう風に見えることもあるので、その時は何かのサインかもしれないと思うこともある。

雲はやはり向こうの世界からの媒体として使われることはあると思う。
実際本当に龍神の形をした雲もあるし、天使の羽のような雲も見たことがある。
雲を見てスピリチュアリストがその時のエネルギーを送れば、そういう形に変化して見えるのは想像に難くない。
実際量子力学では見る者が形を作るという説があり、雲などはその可能性を持つのではないか。

私自身も満月の日、一面の曇り空の時に満月を見たいとしばらく空を見上げていたら、ぽっかりと雲が切れて満月を見られたという経験が何度かある。
だから多分雲が龍神の形に見える人は本当に本人の中では龍神が現れたのであり、それを喜べばいいエネルギーを貰えるだろう。

令和に代わって連日空模様が急変したり、日本の波動が変わりつつあるような気がする。
日本を守る大きな龍神が何体も動いているのではないか。
下の写真は4日、新天皇の皇居参賀の夕方千葉で撮られた上空の雲だ。
この日は午後から雹が降ったり激しい落雷が関東地方を襲った。
新天皇のお披露目の日なので何とも偶然を感じる。

因みにこの写真の右下の黒い雲はどうも黒龍の正面の顔のようにも見えるのだが、そこは各人各様の印象で。笑



1557129445179.jpg





エンパスと霊視

2019–05–04 (Sat) 17:08
最近続けて不思議系の人二人と話す機会があった。
一人はタロットや占星術を趣味でやっている人なのだが、別の職業や才能もあって多芸多才のマルチ人間だ。
占いも興味があり、一応講座のようなものを受け簡単なスキルは身に着けたと言っていたが、確かに開業するほどではなくても大雑把な要所は押さえているようだ。

何も霊能力はないと言っていたが、やはり勘は働くようで話してみたらかなりのエンパスだった。
家族や大事な人が調子が悪くなったりどこか傷むと、自分の体も同じようになるそうだ。
多分いくらか肩代わりしてあげているのだと思うが、このタイプのエンパスは大変だ。

数日後その人からメールを貰った時刻、私はなぜか頭が痛くなった。
驚いたことに内容は、最近頭痛が立て続けに起こっているという話だった。
どうやら私もコードが繋がると体にも来るエンパスらしい。

もう一人は一切スピリチュアルには関係ないのだが霊の見える人で、たまたま話した時に私の左側に座っている女性にネガティブな黒い邪気が見えたと後から言われた。
その時に話すとその霊体が気付くので、その場では絶対に言わないことにしているそうだ。
その人は意図しなくても色々な霊が見えるそうで、まるで生きている人間のように見える事もあり、その時に目を合わすと相手が見えていると察知し憑いてくると言っていた。

だから、後から私も左側の人がやばかったと教えてもらったのだが、そのせいか翌日二度も続けて閃輝暗点になったり左の片頭痛になり具合が悪かった。
そんな人といると、私自身も同期してしまうのかもしれないと怖くなってしまった。

私はその手のものは見えないが、そういう人は結構いるようだ。
お世話になっている陰陽師も生きている人間のように霊が見えるので、危なくて車の運手が出来なかったと言っていた。
彼は逆に見えないようにするために、防御の眼鏡を普段は掛けている。

世の中にはスピ能力を持った人は沢山いるが、いる数だけ微妙に力や特性の違いがあるのだと思う。
それを占いやリーディングに使うプロから、全く普通の生活故にその能力を隠したい邪魔なものとして持っている人もいる。
それを仕事にするか人助けにする以外は、スピ能力はしばしば日常を生きにくくする。
小さい頃から人に言うと気味悪がられたり親には止められたりと、可哀そうな人も何人か知っている。

その上残念ながらその能力はほとんど自分には使えない。
途中から私利私欲で使う人も出てくるが、そうなると大抵能力を剥奪されるか闇落ちでひどい目に遭ったりする。

私も含めて自分は何が出来るのか、何が出来ないのかを見極めることがスピ人間には一番必要な事だと思う。
私自身今回学んだことは相変わらず脇が甘いということだった。
もう少しプロテクトを学ばないといけないと反省している。



DSC_0716.jpg





令和のシンクロ

2019–05–02 (Thu) 17:19
元号が令和に変わり、様々な占い師やスピリチュアリストがどんな時代になるか予想を出している。
概ねいい予測が多いが、そこはお約束だ。
現実的に考えて新天皇の年齢からしても、令和はそう長くはないだろう。
せいぜい20年ぐらいで、多分生前退位を今後は踏襲するのではないだろうか。

平成最期の日に天気予報を覆していきなり雨になった。
特に都内は一時激しい雨になり、令和が始まった昨日も雨模様、今日は東京都心は激しい雷雨があった。

雨は浄化と抑制の意味がある。
私は時代が変わる時に降ったこの雨が、何かを抑え何かを浄化したような気がしている。
元号が変わる前後に体調を崩した人も多かったようだ。
確かに日本の波動は変わるのだから、その影響を受けた人もいただろう。

新天皇は幼少時、徳仁(なるひと)という名前から「なるちゃん」と呼ばれていた。
オックスフォードに留学し英語も堪能のようだが、バイリンガルの雅子皇后との結婚は周りの反対を押し切り成就させた。
しかし、バリバリのキャリア外交官だった彼女が皇室のしきたりに馴染めず、長い間メンタルを病んでしまう。
一人娘の愛子内親王についても様々な憶測があったが、秋篠宮家に男子が生まれたので女性天皇も可とするように皇室典範を変えることはなくなった。
皇室典範を変えようとした小泉首相をすんでのところでやめさせたのは、当時官房長官をやっていた今の安倍総理だ。
この時期秋篠宮夫妻が人工授精で男子を選別し誕生させたのは公然の秘密だ。
大きな力が動いたのは想像に難くない。

一連の経緯を鑑みれば、新天皇は決して順風満帆な皇太子時代ではなかった。
公務をしない雅子妃をかばう発言をした時には、かなりバッシングされたりもした。
妻がいるのに殆ど一人で海外へ公務に出かけるのも、立場的に辛かったのではないか。

温厚でにこやかな面立ちの後ろには、ずっと人間的な苦悩や心労を抱えていたと思う。
そういう意味では平成天皇のような高次の神通力はまだなくても、人の痛みの判る暖かさがあるような気がする。

新天皇が幼少時、母の美智子妃が海外公務で留守にする時に育児の手引きを細かに記したものを残したが、それが「なるちゃん憲法」と呼ばれ、本まで出されている。
奇しくも父の平成天皇が守ろうとしていた日本国憲法は、愛娘の皇位継承を潰した安倍総理の手で今改憲されようとしているのだ。
なんとも因果を感じる話だ。

まして幼少時に自分の名前と「憲法」という言葉で国民に親しまれた新天皇が、その「憲法」の存亡に関わることになろうとは、あまりのシンクロではないだろうか。
この二人が時代が変わる時の当事者になったことに、安倍総理と令和天皇の宿縁を感じてしまう。

令和に変わった5月1日0時のホロスコープを見ると、Tスクエアが重なったり、波乱万丈を予想させる星回りになっている。
やはり破壊再生があるのかもしれないが、悪しきものを破壊し良きものを再生する令和の時代と新天皇に期待したい。


PB120005.jpg





« 前へ | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR