闘争本能

2020–01–11 (Sat) 20:37
アメリカイラン危機はどうやら回避できたようだ。
全世界がほっとしているだろうが、中にはちょっとがっかりした人もいるような気がする。
人間には動物のように闘争本能の強い人がいる。
金儲けを企む支配層でなくとも、普通の人々の中にも「やってしまえ」と思った人はいただろう。

火事や台風でワクワクする人がいる。
特に火事などで集まるやじ馬は、かなりこの傾向が強い。
不謹慎だが、自分が巻き込まれない限りは高見の見物が好きなのが人間だ。

古代ローマやギリシャ時代に奴隷同士を格闘させたり猛獣と戦わせたりして、それを貴族たちは娯楽として見ていた。
格闘技がスポーツとして残っているのは、人間の闘争本能の証明だろうし、今でもボクシングやプロレスのファンは多い。
格闘技ではなくてもスポーツで競うということは、相手を打ち負かすということであり、これはスポーツという名を借りた戦いで、闘争本能がなければできない。

悲しいかな戦争は人間のこの闘争本能があるから起こる所業だと思う。
普通の人でもすぐ手の出る人や喧嘩っ早い人と、理性的に頭を使って解決しようとする人がいるが、これはその人間ののルーツがどこにあるかでも分けられるように思う。

元が狩猟民族か農耕民族かでも違うし、もっと言えば宇宙から来たとして出身星の特性によるものかもしれない。
好戦的な民族や国はやはりそういうが多い。
日本人は農耕民族で大人しいが、この傾向は戦争になると戦いが好きというよりも精神性でのめり込んで行くような気がする。

本能ではなく国を守るとか家族を守るとか天皇の為とか、自分の外に何か理由をつけて戦うという特性があるのではないだろうか。
だから特攻隊など死ぬのが分かっているのに、敢えて「~のために」という大義名分を付け美化して送り出した。
他の国では戦争でもそんな理由は通用しない。
闘争本能がモチベーションになって戦う民族と、本能ではなくマインドで戦う民族の違いがあると思う。
イスラム教の自爆テロなどは、特攻隊と同じシステムでなされていると考えられる。

人間に闘争本能がある限り、世界から戦争が無くならないのは残念ながら事実だろう。
そこにもっともらしい理由をすり込み洗脳すると、もはや普通の人間さえ戦うロボットになってしまうのが戦争だ。


DSC_0243.jpg





WWIII

2020–01–08 (Wed) 13:16
昨日はアカシックリーダーの30代の女性に会ってきた。
もう5年ほどの知り合いで、困った時は鑑定もしてもらう人だ。
彼女は霊能力者だがアカシックリーディングに限定している。
未来や前世を見るが他にも様々な事は判るようだ。

日本の未来の話になり、囁かれている大地震やタイムリーなアメリカイラン衝突からの全面戦争については、どちらも起こらないと言っていた。
それは前から言っていた事だが、壊滅的な地震や第三次世界大戦は「ない、ない」だそうで、局地的な紛争はあるが核戦争のような大戦はないと言い切っている。

日本の政治的には「安倍政権は続く、四選目の可能性もある」そうで、理由が「他にいないから」という安倍政権支持の常套句を言っていたが、概ね高額所得者スピリチュアリストと同じ考えだった。(彼女も売れっ子だ)
ただ、面白い見解を持っていて「安倍総理はお馬鹿だから戦争も起こらない、これが切れ者だったら逆に危機を招くかもしれない」という意見で、とりあえずお馬鹿で無能な事は肯定した上で、だから政権は続くだろうという予想らしい。

安倍総理が出てくるとテレビを消す私としては、残念な予想だった。
彼女の能力は信頼できるので、もしそれが本当ならますます日本総愚民化と富裕層と貧困層の格差は大きくなるだろう。
ただ未来は選択によって変わると本人も言っているので、特に国家の命運は個人のアカシックとは違うようだ。

話は逸れるが、二年前集団的自衛権行使の安保法制を作る時に安倍総理が強調していた理由は「ホルムズ海峡が封鎖の危険性」ということだった。
当時、やたらホルムズ海峡を連呼していたのをご存じだろうか。
奇しくも今朝イランがアメリカに反撃を開始し、戦争の火蓋が切って落とされたようだ。
そしてホルムズ海峡はその舞台となる。

これはもしかしたら今回の武力衝突も世界を牛耳るNWOの計画だったのではないかと疑ってしまう。
安倍総理は命令通り事前にアメリカの手先として自衛隊員が戦えるように、無理筋の法案を通したと考えても不思議ではない。
もっと言えばトランプ大統領だっ所詮て駒に過ぎない。
彼らは保身のためなら何でもする。

戦争で儲けるのは誰か、それを考えたら1パーセントの大金持ちと支配層だ。
今日日経平均は大幅に下落したが、自衛隊に備品を納入している武器関係の株価だけはストップ高になっている。
これは世界規模でも莫大な金が動くということだ。

戦争は一部の人間にとっては金儲けのビックチャンスだ。
そして犠牲になるのがいつの世も無辜の民だ。


fc2blog_20200108131202e6c.jpg





当たるも八卦当たらぬも八卦

2020–01–06 (Mon) 14:39
先日スピ系ユーチューブを見ていたら、二人のスピリチュアリストが真っ向から違う見解を開陳しているのを知り興味深かった。
どちらもそこそこスピ動画で台頭しているスピリチュアリストだが、片方は女性のスピリチュアルカウンセラーで霊の世界を解説しており、一方はガチの霊能者で除霊や悪霊退治をしている人だ。

内容は「つわり」についてのスピ的解釈なのだが、女性の方は、「つわりは違う魂が体内に入るのでその違和感のようなもので魂的に全く違うとつわりが強いし親和性があるとあまり感じない」と解説していた。
私もこれを聞いたとき確かに一理あるかもと思ったが、それを視聴者から聞いたガチ霊能者が「それは間違い、ただのホルモンバランスの影響でつわりは霊的なものではない。妊婦さんの不安を煽るな。」と憤慨している動画を上げていた。

スピリチュアルの世界は正解がないし証明のしようがない。
多くの霊能者がいるが、同じところを見ているわけではないし解釈も様々だ。
過去生を視てもらっても、霊能者によって同じものが一つもないことが多い。

この勝負どちらが信憑性があるのかと言えば、どちらも立証できないから見た人間が自分に都合よく解釈するしかないだろう。
残念ながらそれがスピリチュアルというものだ。

ただ、魂的に見れば確かに妊娠期間中体に違う魂がいると考えられる。
そういう意味で私は魂的視点から見ている女性の方が、是非はともかくその観点が興味深かった。
子供の魂は親を選んでくるという。
例えば中には途中で帰ることを決めている魂もいるらしいし、早まって来たけれど環境が整っていないので一度戻り改めてくる場合もあるようだ。
胎内記憶を持っている子供をリサーチした本が出版されているが、もう一度戻って来たんだよという子供の例がいくつかある。
だから出産という事象を魂のドラマとして知りたいという思いは、スピに興味のある女性ならあるのではないだろうか。

二つの動画を見てスピリチュアル的に白黒はつけられないと思うが、それはとりもなおさずスピリチュアルを語る人達の多様性の証明でもある。
正解がない分受け手の取捨選択しかないし、自分に合ったスピリチュアルを探すしかないともいえる。

大切なのは一人の霊能者やスピリチュアリストを妄信するのではなく、スピの世界でも情報を集めた上で自分に相応しいスピ的スタンスを決めることだろう。

所詮は、当たるも八卦当たらぬも八卦の世界なのだ。笑


a99209865069145b03e8fb91164f3be0_s.jpg





戦争の危機

2020–01–04 (Sat) 11:46
年明け早々物騒な国際情勢になっている。
アメリカとイランがほぼ戦闘状態に入っている。
お正月気分で浮かれ、マスコミも最低限の情報しか伝えていない日本は関心のない人が多いが、今や世界のツイッターのトレンドに #WWIII (第三次世界大戦)が一位になるほど世界中がアメリカとイランの交戦に戦々恐々としている。

トランプ大統領はイランへの報復だとしてイランの司令官を狙って爆撃したが、これが何を意味するのかその重大さを本人も気づいていないのではないだろうか。
国内で大統領二選目を目前に控え弾劾裁判で苦境に立たされているので、何か事を起こして国民の目を逸らせ人気取りを考えたのだろうが、そんな楽観的に事態が進むとは思えない。

イランは報復を宣言しているから、下手をしたら二度目の中東戦争が始まる。
ツイッターに海外在住の日本人のツイートが流れてくるが、世界ではイランアメリカ全面戦争がいつ始まるのか固唾を飲んでいる様子が伝わってくる。

日本人は正確な情報も与えられず、総理大臣からしてこの火急の事態に呑気に散歩とゴルフと映画鑑賞だ。
その上、年末こっそり自衛隊員200人の中東派遣を閣議決定だけで決めた。
交戦が始まれば自衛隊員は巻き込まれ、日本もアメリカの手勢として戦争に参加することになるだろう。
そのための安保法制だった。
友好国が戦争をすれば一緒に戦うという法律なのを未だに知らない国民は少なくないと思うが、現実になって戦死者が出て初めてそんな大変なことだったのかと知ってももう遅い。

自分で情報収集をしていると、世界と日本人の認識の落差に常々驚かされる。
今の日本は鎖国状態かと思うほど我田引水的な情報しか流さないし、その原因は司法制度さえ恣意的に使う今の政権にある。
ゴーン氏のレバノン逃亡で大騒ぎしているが、ルノーの日産買収を阻止するための国策捜査なので、それをわかっている向きは声高に批判をしていない。、

政権にしたら有罪にしてバレバレの政治意図を国際的に批判されるよりは、今逃げてもらい被害者を装っていたほうが楽なのだから内心ホッとしているのではないだろうか。

今年はやはり激動の年になりそうだ。
目の前の生活が第一なことは確かだが、いつの間にかそれすらも脅かされる時が来るかもしれない。
その大事な生活を守るためにも、マスメディアは信用せず正確な情報は自分で集めたほうがいいと思う。



DSC_0930 (3)





2020年

2020–01–02 (Thu) 11:53
謹賀新年

2020年になった。
切りのいい数字でスピ的には変化の起こる年になるようだ。
去年あたりから物事の実現化が早くなると言われていたが、今年は加速度的に早まるらしい。

考えたことも潜在意識にまで落とし込めば何事も実現してしまうので、ポジティブな事を考えネガティブな思いには気を付けようと、よくスピ系ブログには書いている。
ポジティブシンキングはスピリチュアルの御約束なので、私も日頃頭では判っているがまだ修行が足りないのか心頭滅却することが出来ない。笑

最近はは年越しの除夜の鐘もうるさいからと苦情が出て鐘を撞かなくなった寺院もあるそうだが、人間の煩悩が108あることもそれを祓い浄化する意味の除夜の鐘であることも知らない人が増えたのかもしれない。

確かに昨今の日本を見ていると、敬虔な心や畏敬の念を持つ人は少なくなっているように思う。
スピリチュアルも神仏の時代から宇宙の時代になって来たので、変化を余儀なくされるのは時の流れなのだろう。

2020年の最大の節目は東京オリンピックだと思う。
言わずもがなだが東京オリンピックについては、

1923年 関東大震災
1925年 治安維持法
1940年 東京オリンピック(中止)
1941年12月 太平洋戦争

2011年 東日本大震災
2013年 秘密保護法
2020年 東京オリンピック 
202?年 第三次世界大戦?

と、嫌な歴史の符号が何度も囁かれている。
歴史は繰り返すというが、これだけは避けてほしい。

宇宙時代に入ったのだから、全く違う未来への扉が開かれることを期待しよう。
それこそポジティブシンキングで、東京オリンピックの後は日本の国もいい方に一変するように国民の総意、集合意識で持っていきたいものである。

未来は明るい。

本年も宜しくお願いします。


DSC_0407.jpg





« 前へ | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR