記号の謎

2016–01–13 (Wed) 16:50
展覧会があったので絵描き仲間の集まりがあり、私と似たようなスピ関係に片足を入れている人と話す機会があった。

作品からして宗教的イメージの抽象画を描いていて、皆そっち系の人だとわかっている。
芸術家は勘の鋭い人が多いと思われているが、それは自分の仕事に特化したものでインスピレーションや画才をスピリチュアル世界と関連付けている人は少ない。
だから現実的で鈍感な人が多く、それ系の話は敬遠される。

私とその彼が小声でひそひそ話しているとあの二人はまたアヤシイ話をしていると思われるのがオチだが、今回はたまたま待ち時間があったのでカフェでサシで話した。
折角なのでお互いを観てみようということになって、彼が私を観ると今まで色々な人に見て貰ったが初めて記号が幾つか出てきた。

彼も戸惑っていたが、どうやら宇宙系の人間を見るとそんな感じだと言っていた。
主にギリシャ文字のような記号や図形のようなものだ。

最初に剣と目を隠すマスクを見たのでこれは当たっているだろう。
しかしクロス、ゲノムのような螺旋、Δ、ψ、∞、$、三角錐、などが見えるとわざわざ図に描いてくれたが、その意味は彼も分からなかった。
当然私も分からないので誰か謎解きをしてほしいものだ。

彼のはどちらかと言うと悪しきものを真言を唱えて除霊したりする現実的な?霊能らしいので、私とは違う由来なのだろう。
憑いている未成仏霊の善し悪し、見えるものがいいものか悪いものかを見極めて悪ければ祓うというのが主な鑑定の内容らしい。

オーリングを使い善し悪しを判断出来るそうで、私の謎の記号も判定してくれたが悪いものはなかったようだ。
しかし、顔の右側に黒い靄が見えて何かしがみついていると言われ、ずっと持っている顎関節症を当てられた。
取れると言われたが何となく理由は分かるので、自分で何とかするしかない。

彼は能力もフォーカスする場所もチャンネル先も私とは全く違うようで、なかなか興味深い体験だった。

それにしても様々な記号だが、よくよく考えてみると何となく思い当たる節もあり、スピの世界も奥深いと改めて感心してしまった。


« 願いの現実化 | HOME |  地震とスピリチュアル »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/82-2f3b084d

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR