スピ業界の闇と病み

2021–05–10 (Mon) 11:51
スピリチュアル業界に身を置いていると、いかに暴利を貪るっているのか感じることがある。
霊能者も占い師もいわゆるスピリチュアリストは言った者勝ちだ。
立証もできなければエビデンスもない。
他の商品と違って製造物責任もないし、結果が出なくても責任は負わなくて済む。
自分の能力にプレミアを付けようと思ったら付け放題だ。

医者なら医療ミスで事件になるが、スピリチュアリストは詐欺まがいのことをやっても貢いだ方が悪い。
壺を売るなら別だが、どれだけ法外な鑑定料をとっても詐欺罪で訴えられることはまずない。
そういう意味ではこのビジネスは儲けられると考えている手合いも少なくはないだろう。

同時に真剣にスピリチュアル能力や占いスキルを身に着けたいと思い、養成講座を受けたりスクールのようなものに通う人もいる。
統計学やタロット、占星術などは確かに知識を身に着ける必要はあるが、その講座の金額は大抵は数10万円だ。
中には占い師として多数占いメソッドを会得したいと思う人は、複数の講座なので100万単位になることもあるだろう。
私の知っている統計学の占い師はやはりそれぐらいはかかったと言っていた。
私は習ったことがないのでそれは高すぎると思っている。
国家資格でもないしあくまで「○○修了」など自己申告の世界だからだ。

ただ、それだけお金をかけたから、自分は占い師としてグレードが高いと錯覚するのは怖い。
元々霊能やスピ能力を持っている人間もいればたまたまお金をかけてそれを開いた人間もいるが、結果的に能力差が出るかというと、残念ながらかけた資金とは比例しない。

「先生と言われるほどの馬鹿でなし」という言葉があるが、これは占い師についても同じだ。
先生と呼ばれると選民意識に目覚め、自分は特別な存在だと錯覚するようになる。
そうなると最初は人の役に立ちたいと思って始めた占いも、段々謙虚さをなくし傲慢になって自分の力を過大評価して鑑定料も釣り上げていく。
「これだけ資本を掛けたのだから、能力の対価はそれに見合うものが必要だ」
これは得てして占い師が陥りやすい自己評価の論理だ。

スピ業界は闇が深いと思う。
人助けのためがいつの間にか己の自己実現や名誉欲、野望を満たす場になっていることも多い。
闇が病みになり非業の末路を辿るスピリチュアリストがいるのも現実だ。


11e8c8b3fb25d51ac9ad2becebefd736_s.jpg




« コロナ渦中にあって | HOME |  ワクチンという選別方法 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/722-4ae8c33c

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR