日本の病理

2021–01–10 (Sun) 14:39
YouTubeを始めてから去年一年、全く違う日本の側面を見た。
普通の社会では想像できない人間の内面を知った。
そして今の日本の病理のようなものを見せつけられた。

これは根本を探っていけば教育の敗北のような気がする。
20代30代の若者は自分で考えるという頭がない。
決められたことを守り権威に従うという教育を強いられてきたせいだろう。

戦後の安保闘争に始まる学生運動の頃は、戦後民主主義の徹底から若者は政治を批判し国を憂えていた。
大局的に俯瞰できる能力を持っていた。
今の若年層は校則に従い学校に従順である教育を受け、自分で考える能力を持たず権威に従うのが当然だと思っている。
主権在民という言葉は習っても、意味が分からないのではないかと思う程だ。

しかし内部に抱える満たされない闇の部分はネットという世界に生きることによって吐き出し、社会の束縛から自由になれているのではないか。
恐ろしいと思うのは教育で刷り込まれた「誰かの言うことを聞く、無条件に信じる」という行動様式が、自分で検証することもなく安易に一定方向へ向かわせるということだ。

ネトウヨとはよく言ったもので、ネット世界には極右的な人間がかなりいる。
彼らの合言葉は「愛国」「嫌韓」「嫌中」だ。
中国共産党を蛇蝎のように嫌っているが、ではなぜだと聞かれると論理的に答えられない。
彼らは安倍総理を支持し今はトランプ大統領を熱狂的に支持している。
敵は中共だったりディープステートだったりするが、もうそのあたりはごちゃまぜでとにかくトランプ大統領を救世主のように讃えている。
この期に及んでもそれ系の動画を見るとまだトランプが最後には勝つことを信じているらしく、ここまでくると痛々しい。

トランプが利己的な理由で敗北を認めなかったのをまるで正義のヒーローのように錯覚している。
普通に考えたら晩節を汚した最悪のアメリカ大統領だ。
ましてこのコロナの緊急事態に他国の大統領に心酔している自体滑稽だが、そういう人たちも集っているのがネット社会の現実なのだ。

彼らはビジネス右翼の動画を見て、真に受けて信じ込んでいる。
多分学校で疑うことも批判することもしなかったから、逆に政治批判をしているものに対しては眉を顰める。
だから、今のこのコロナの難局に愚策しか打てない政治に対しても何も感じていない。
しかし自分の信じているものを批判されると逆上するのも彼等だ。

ネット世界を知り、遅れて新型コロナによって炙り出された現実の国民の姿を知り、どれほど日本が衰退し後進国に成り下がったのかを実感している。
日本が一番と未だに思っている手合いには、中国韓国に追い抜かれ世界から相手にされなくなっている現実など全く見えていないのだろう。
日本の未来は絶望しかない。


005.jpg




« 選別するウィルス | HOME | 

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/710-6c366082

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR