目の手術

2020–12–12 (Sat) 17:10
しばらくブログを更新できていなかったが、実は先月白内障の手術をしていた。
私はまだそれほどのトシではないのだが(笑)、緑内障に強度近視というハイリスクの目でこういう目は早くに白内障にもなりやすいようだ。

ここ2,3年急激に悪くなり、YouTubeを始めたところ動画編集などであっという間に視力が低下してしまった。
若い頃から強度近視でよくこんな細密な絵を描けているなと自分でも不思議なくらいだったが、最近は絵を描くのさえ不自由になってきてこれはいよいよ危ないと危機感を持つようになった。

このコロナが流行っている時期で手術は腰が引けていたが、通っている眼科医院に大学病院を紹介してもらい順調に両目の手術を二週間おきに二泊三日の入院で終えることができた。
裸眼で0.03、0.01だったのが、裸眼で0.3まで見えるようになった。
私にしたら神の恩寵にも等しい。

白内障の手術はいくら成功率が9割以上とはいえ万が一見えなくなる可能性もあり、私にとってはある意味賭けのようなものだった。
だが大学病院のベテランンの先生を紹介してもらったり、順調に物事が進み手術をしなさいということなのだと思うような偶然がいくつもあった。
これは、まだまだ絵を描けということなのだろうと思わずにはいられない。

目もそうだが人の命に携わる人達はまさしく天職、天命というものを授かっている魂だと思う。
生半可なスピリチュアリストよりも、彼等は意図せずとも高次のサポートを受けた崇高なスピリチュアリストなのだと実感した。
このコロナ禍にあって、そうしたミッションを遂行している魂達は多いだろう。

彼等には、心から敬意を表したい。


007.jpg





« 総理大臣と劣等感 | HOME |  スピリチュアル業界の暗闇 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/706-80987e94

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR