7月は要注意

2020–06–27 (Sat) 12:08
最近地震が多い。
先日も千葉で震度5弱の地震があったが、世界的にもマグニチュードの大きな地震が続いている。
地震予知をしている人たちは口を揃えて「来そうだ」と言っていたが、確かにニュージーランド沖で大きな地震が起こった後千葉でも起こった。
やはりある程度地震の法則性はあるような気がする。

7月になるがこの7月は西洋占星術では、グレートコンジャクションという数百年に一度の星の配置だ。
2020年自体がそうなのだが、7月には逆行していた土星がまた山羊座に戻って、冥王星、木星、土星の合になる。
7月は要注意だと思う。

地震が来るのか台風、水害か政治か国際紛争か大事件かは判らないが、何かかにかはありそうな気がする。
私的には地震よりも台風や水害、国際的な紛争が懸念される。

冥王星は破壊と再生、土星は試練苦難、そして木星は拡大だから、冥王星、土星の象意が木星によって拡大されると解釈できる。
ただ、山羊座に合するので、山羊座は地のエレメントだ。
地殻変動も考えられるので、やはり地震や噴火も可能性はあるだろう。
富士山の噴火はかねてより言われているが、最近西之島の噴火が活発でここでエネルギーを逃しているように思う。
他の火山も微動が増えており。不穏な動きをしている山もあるので、火山の噴火も気を付けた方がいいかもしれない。

とにかく7月からこのグレートコンジャクションは年末まで続く。
新型コロナウィルスは今は小康状態だが、秋には大きな第二波が予想される。
疫病、天災、そして何が来るのか。

新型コロナウィルスで世界が止まり、人生観や価値観が変わった人もいたかもしれないが、まだまだ少数だと思う。
喉元過ぎれば熱さ忘れるで、警戒感も薄れ社会は元に戻ろうとしている。
私自身もそんな気持ちになることもある。

しかし未だに夢の中にいるような気持ちは拭えないのだ。
何かぼんやりベールの向こうの未来を見ているような…。
多分ベールの向こうの世界は幾通りかあるのだろう。
それだけは何となく確信がある。
さて、ベールをめくったらどの世界へ行くのだろうか。


DSC_1462.jpg





« サードアイが開く | HOME |  コロナ第二波 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/694-33fed382

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR