人間の欲望

2020–06–01 (Mon) 15:24
6月になった。
YouTubeで毎日動画を上げているので、このブログを書く時間が少なくなり心苦しい。
長年ブログを続けているのでここでは忌憚ない意見が書けるし、長い間見て下さっている方も私の人となりをお判り頂いていると思う。

YouTubeというのは新しいビジネスチャンスなのか、このコロナウィルス不況で、ネット世界で仕事をしようと思う人達の草刈り場になっているようだ。
私はタロットの動画を上げているが、占い動画も新旧入り混じり過当競争らしい。
私は御存知のように本業は絵描きなので、個展が来年に延期になり時間的余裕が出来て動画を上げているが、そこで一攫千金を狙う占い師たちが、本格的にコンサルを頼み営業戦略を練って参入している。

今はYouTubeのチャンネル登録者や視聴者もお金で買える。
登録者1万人以上は広告が付くようになるから、その1万人のためにチャンネル登録者を買い、視聴者数を買う。
多ければ多いほど人気のチャンネルだと認知され露出が多くなるから、定期的にそれを購入して人気チャンネルになっていくケースもある。
占い師の場合は人気が出ればリアルの鑑定も増えるので、占い業界ではYouTubeチャンネルを持つことは格好の営業になるだろう。

私は右も左も判らずYouTubeを趣味で始めたが、最近は色々な事も判ってきてシビアなビジネス業界なのだと感心している。
確かにそこで儲けよう、有名になろうと思っている人は、先行投資もするだろうし綿密に戦術も練るだろう。
YouTube専門のコンサルティングもあるし、登録者視聴者を買うというのも日常茶飯事のようだ。

最近やっと動画のカットだけ覚えた私のような素人には、商業主義の熾烈さ、売れるためなら何でもするというずぶとさが脅威に感じるほどだ。
しかし何故か既視感にも襲われる。

絵の世界でも似たようなものだったからだ。
実力など関係なく営業力で売れていく、のし上がっていく作家は多かった。
人脈を作る、演出をする、大センセイに気に入られる、極端な話売れるためなら悪魔にでもを売りそうな人さえいた。
多分そういう手合いは何処の世界でもいるが、彼らには富を得て有名になり成功したいという共通した動機がある。

新型コロナウィルスで確かに社会の形態は変わって行くだろうが、YouTubeをやっていて思ったことは、形、システムは変わっても人間の欲、野心、成功願望は絶対には無くならないということだ。


11e8c8b3fb25d51ac9ad2becebefd736_s.jpg




« 誹謗中傷の闇 | HOME |  嫌韓・嫌中思想 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/689-08406489

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR