誹謗中傷の闇

2020–05–28 (Thu) 12:18
数日前テラスハウスというリアリティーショーに出演していた女子プロレスラーの若い女性が自殺した。
激しい誹謗中傷をネットに書き込まれたのを苦に自死したようだ。

リアリティーショーというのはアメリカでも結構あって、それに出演した経験者の死亡率が高いと記事で見たことがある。
俳優が役を演じるのならどんな役でも誹謗中傷は来ないが、リアルの生活や人間性を晒すという番組なので公私混同になり見ている方もやっている方も虚々実々の世界で混乱してしまうのだろう。

ネットの誹謗中傷はまるで人間の闇、暗部を見るようだ。
匿名なので普通の生活では出せないネガティブな部分を全開できる。
理性で押さえつけて普段は表に出せない負の部分が、一度書いてしまうと際限なく噴出してしまうような気がする。

人間は闇の部分を持っている。
嫉妬、恨み、憎悪と言った感情がターゲットを見つけた時に、匿名という武器を片手に襲い掛かるのだろうか。
軽い気持ちでやった、むしゃくしゃしていたからやった、面白いからやった、気にくわないからやった、大抵こんな動機だろうが、その奥には己の抱えている毒の部分がある。
どんな人間でもそれをやるわけではないので、誹謗中傷は良心が欠落している傾向の人が多い。

多分彼ら自身も問題を抱えている。
自殺した女性について自分の痛い部分が抉られるとか、同じ部分を持っているなど共通のベースがありそこに反応したと思う。
しかし反応しても誹謗中傷を書き込むという行為との間にはハードルがあって、それを超えるか超えないかが良識、良心の有無で決まる。

自殺があった後、誹謗中傷に関する相談窓口を弁護士が開設したところ、された方よりした方の相談が多くて、いずれも自分の誹謗中傷が法的にまずいかという内容だったそうだ。
判らなければ何をやってもいいという意識を持っている人間の何と多い事か。

誹謗中傷を書き込んで身元を特定された人たちは、大抵普通の人が多いようだ。
だからこんな事件になってバレたら大変だと焦って相談するのだろう。

ネットの世界は人間の本性を映し出す巨大な鏡だと思う。
そのバーチャル世界にいるもう一人の自分が本当の自分だと思った方が良い。
匿名という仮面を被っても普段と同じメンタリティー、行いなのかどうかを今一度顧みる必要があるのではないか。

それを検証してみると、真の自分というものが分かるだろう。


DSC_1754.jpg




« 日本人と同調圧力 | HOME |  人間の欲望 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/688-a8f81597

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR