新型コロナの犠牲

2020–05–09 (Sat) 11:41
緊急事態宣言は5月31日まで延期されたが、それを待たず各自治体ごとに解除の方向に向かっているようだ。
東京でも感染者数が減ったとアピールしていて事情を知らない人達は下火になったと思うだろうが、検査の実数が一日100人以下の時もあり、その数字を言わないで感染者の数だけ発表しているから詐欺に等しい。
100人しか検査しなかったら感染者は100人以上行くわけはない。

検査を増やすと言いながらこの数字を見ると呆れて物が言えないが、未だに検査は増やしたくないのが国や自治体の本音だろう。
何となく感染が収まってきた雰囲気作りをしているのだ。

日本人がアメリカやヨーロッパ諸国ほど死者数が増えていないのは事実だと思う。
今公表している死者数の数倍が認定されず亡くなっているとしても、同様に同じくらい潜在的な感染者がいると考えれば致死率は低い方だ。
スペイン風邪も日本は他の国に比べて致死率が低かった。

生活様式、食べ物の違いなど理由があるのは推測できる。
今回も様々挙げられていて、ある程度は頷ける部分がある。

結果的にこの新型コロナウィルスでも、日本は杜撰な政府の対応の割には被害が欧米に比べると少なくて済むのかもしれない。
検査抑制が成功したと自慢する連中の姿が目に浮かぶが、ただ、このままでサーズやマーズのように収まるとは思えない。
これで元の社会活動がそのまま戻って来るとは、どうしても思えないのだ。

コロナウィルスが一旦落ち着いても、その後に来るのは経済の混迷だろう。
実際もう外食店は店を畳み、中小企業も倒産し始めている。
国の給付金や融資は審査が厳しくスピードが遅い。
その前に皆倒れてしまう。

自殺者も増える。
私はコロナの死者より経済による二次的死者の方が多いと思っている。
表には出ないし公表もしないだろうが、数年後には大変な数になっているのではないだろうか。
要するに原発事故の放射能被害と同じで、因果関係は判らないということだ。

解除で浮かれて外に繰り出す人々が多いだろうが、そのリバウンドでまた感染が増えることも予想できる。
だらだらそんな繰り返しの中、大きな二波、三波が襲ってくる可能性がある。

来年の今頃はどうなっているのだろう?


003.jpg




« 亡国の総理大臣 | HOME |  #検察庁法改正案に抗議します »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/682-ee673b2c

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR