破壊と再生

2020–04–03 (Fri) 17:46
私は結構長く生きて来たが、今のような事態には初めて遭遇した。
疫病が流行り世界が機能不全に陥っている。
今の日本はまだ非常事態宣言は出されていないが、経済界が待ったをかけているだけでもう緊急事態になっている。

これは天然痘やペストのような致死率はなくても、確実に世界を変えてしまっている。
多分鉄砲玉が飛んでこないだけで、国民の生活は戦時下に入っていくだろう。
日本も早晩緊急事態宣言は出されるだろうから、行動も私権も制限される。

感染者数は指数関数的に増えている。
イタリアがようやくグラフの上昇が止まったようなので、日本は遅れること1か月か2か月か。
多分5月の頭ぐらいが山かもしれない。

ただコロナウィルスの怖いところは、それですぐに終息にならないと予想されることだ。
とにかく変異が速いので、もうアメリカの株は最初の武漢の株とは違っているようだ。
ヨーロッパで変異しアメリカで変異して強毒性が強まったり、中には弱毒化したものもあるという。
ただ可能性としては感染力を強め強毒化していく方が多いようだ。

今この時代に生きているのが私たちのの選択だ。
は時代、環境を選んで生まれてくるという。
私達は、100年に一度の疫病の大流行に立ち会うためにここへ来たのだろう。
これからいくつもの預言にあるように、時代の大転換が始まり様々な仕組みが変わっていく。
人々の心も変化を余儀なくされるだろう。

私は数年かかるような気がする。
新型コロナウィルスがひと段落着いた後は、破綻した経済を立て直すのにも時間がかかる。
コロナウィルスで亡くなる人も多いが、それ以上に経済的打撃で自殺や生きていけなくなる人が出ないか心配だ。

世直しともいわれるが、世直しには多大の犠牲と淘汰がある。
違った世界を作るにはまず破壊が必要で、その後に再生が来るのは歴史が証明している。
大戦で多くの人が死に、焼け野原になった日本を立て直すまでには長い時間がかかった。
その時も大きな転換があった。
社会、政治、人の価値観全てが変わり、気が付いたら全く別の社会になっていた。
今回もそんなことになるような気がする。

以前も書いたが、戦争の代わりにこの疫病が来たと思う。
しかし方法は違っても、結果は同じ事になるのではないか。

第三次世界大戦よりましな事は、お互い敵対し殺し合わないで済むことだ。
それどころか国同士が共通の敵に対して協力し合える。
亡くなる人は気の毒だが、それも世直しのための貴重な犠牲でそれぞれのが選んだ道だと思うしかない。

この試練を乗り越えたら新しい世界が待っていることを期待して生き抜こう。


DSC_0516.jpg





« 命の選別 | HOME |  お花畑日本 »

コメント

いい日は来ます。と、信じることが大切ですよね!

Re: タイトルなし

その通りです。
希望を捨てずこの試練を生き延びましょう。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/672-7ba10cf5

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR