お花畑日本

2020–03–27 (Fri) 16:32
東京都と近隣の県が、不要不急の外出の自粛を言い出した。
オリンピックが延期になって予定通り感染者を増やし、オーバーシュートの危険を指摘している。
海外の様子もニュースにし始め、緊急性を演出している。

何を今更という感じだが、テレビしか見ていない人達はやっと大事なのかもと思い出して、小池都知事の会見の後はスーパーに走り買いだめを始めた。
昨日今日と空っぽになったスーパーの棚の画像が流れている。
なんと今の日本は、自分で判断できない人が多い事か。

どんな政府でも言うことや発表を全て真に受け動くのは、日本人の気質で何ら戦時中と変わらない。
これだけ御しやすい国民もないだろう。
一番脱力するのは、国のトップが良くも悪くもカリスマ性を持った強力な指導者ならわかるが、幼稚でお粗末な頭の持ち主と同類のお友達集団なのに、それに子羊のように文句も言わずに粛々と従っていることだ。

オーバーシュートなどわけのわからない言葉を使っているが、海外ではパンデミック、ブレイクアウト―爆発的感染のことで、もはや一か月前から日本では進行していたと思う。
オリンピックのために調べなかっただけだから、潜在的に広がっており、仮に今東京で無作為に検査をしたら3割ぐらいは陽性かもしれない。
東京は検査希望者のうち検査したのは、何と1,5パーセントだそうだ。
大阪3,5、兵庫1,8、あの封じ込めに成功したと言われる和歌山で35パーセントだ。

発熱が一週間続いても、「検査するなと言われているので」と保健所の電話で言われたとのツイートが流れていた。
命よりもオリンピックだったのが日本だ。

私は1月の段階で情報を収集していたので海外の動向を知るにつれ、日本が世界に背を受けて道化芝居をしているのが情けなかった。
敗戦を転進と言ってガダルカナルに突っ込んで行った大日本帝国と全く変わっていない。
国民は大本営発表で日本は勝っている―日本は感染が少ないと信じていた。

つい最近まで何人か周りの人に大変なことになると言ってもピンとこない人が多かったし、風邪くらいのもので何で大騒ぎするのかという感じだった。
スマホを離せない若者も、自分の関心事以外は全く情弱なのだというのも判った。

今回のコロナウィルスは、それぞれの国の政治の成熟度や、国民の民度の高さをはっきりと色分けしたように思う。
政治家が国民の命を大事にしているかどうかも見えた。

今日も国会で安倍総理が今の時期芸能人と花見に興じている妻について追及されたら、色をなして「何が悪い」と開き直っていた。
そんな総理大臣が動かす国に住んでいることに、やり切れない悲しみを感じる。



12-06-23_001.jpg





« 呪われたオリンピック | HOME |  命の選別 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/670-3a09e247

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR