死と向き合う時

2020–03–19 (Thu) 15:05
愛知県で新型コロナウィルスの感染が分かり「みんなに移してやる」と言って飲食店に出かけた男性が亡くなった。
実際店の女性一人が感染し、警察には店から被害届が出された。

元気にカラオケを歌っていたのに、それからわずか二週間で亡くなった。
元々肝臓癌の基礎疾患があったそうだから予想されたこととは言え、新型コロナウィルスはインフルエンザと似たようなものだと侮ってはいけないと思う。

ある著名人のツイートで「一人で死ぬのが怖かったのだろう」というのがあったが、この人も全身癌患者だ。
亡くなった男性は感染が分かった時に、死が見えたのだろう。
移された人は迷惑千万だが、居ても立ってもいられずにこんな暴挙に出たのは推測できる。

みんながコロナウィルスを怖がるのは「もしかしたら死ぬかもしれない」という恐怖からだ。
薬もあり殆ど死なない病気だとわかれば、こんなにはパニックにならない。
人間の恐れの最たるものは『死』だ。
これは本能的に遺伝子に組み込まれたものだから、恐れるなと言っても無理な話だ。

スピリチュアルでは「死はの帰還であり怖いものではなく喜ぶべきものだ、いつ死んでもいい」と言っている人もいるが、いざ死を宣告されたら本当に喜べるだろうか。
末期癌でやっと死を受け入れて安らかに往く人もいるが、そこに至るまでは凄まじい葛藤があったはずだ。
人間が死を受容するまでは幾多の困難な道のりが必要だ。

まだその準備も整わない健康な人間なら、死ぬかもしれない疫病が流行り出して恐怖を感じない方がおかしい。
それに加えて未知のウィルスだとしたら尚更だ。

人間は死自体も怖いが、死に至る過程も怖いのだと思う。
どんな風になっていくのか、痛いのか苦しいのか、死ぬ時はどんな感じだろうかとか、存在の消滅という想像できない事象が怖いのだ。
そして次に死を実感する時に第二の恐怖が来る。

本当に死ぬかもしれないと思ったので、冒頭に書いた男性は暴挙に出てしまったのだろう。
原発事故の後、放射能を恐れて福島を逃げ出す人に「お前だけ助かりたいのか」という言葉が浴びせられた。
いわゆる道連れ思想だ。
日本には「死なばもろとも」という言葉があるが、日本人の特性をよく表している。
戦時中に使われたが、有事の際には日本ではそういう傾向が出てくるようだ。

時間と死だけは万人に平等だ。
怖がっても不安でもいいと思う。
でもそれは一人で向きあい克服していくしかない。


d3a1efc9816b4bbcf027fa0d5434836d_s.jpg




« スピリチュアリストの真価 | HOME |  新型コロナウィルスの意味 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/667-f1263748

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR