杜撰な感染対策

2020–02–19 (Wed) 15:44
ダイヤモンドプリンセス号の乗客の下船が始まった。
コメントで情報もいただいたが、昨夜このクルーズ船に一日入った感染防止の専門家である神戸大学の教授の動画が上がった。
内部の感染対策がいかに杜撰で感染防止のイロハもわかっていない素人集団の集まりだったこと、仕切りの人間が教授を冷遇してけんもほろろに追い払ったこと、何とか乗船させてくれた厚労省の役人に「出世に響くぞ」と恫喝したことなど生々しく語られ、今の腐った政権の姿勢そのままを具現化している内容だった。
事は人命に関わり全国民の命にも関わる事なのに出世云々を持ち出す低次元さと、こんなひどい輩に命運を握られている私たちの危うさに何とも怒りが収まらなかった。

結局縄張り争いやマウントしかないということだ。
感染しようが死者が出ようが、自分たちが無事で権力を維持できればいいのだろう。

政府はアビガンという抗ウィルス薬を200万人分備蓄している。
これがコロナウィルスに効くという話があって、中国でも生産開始されている。
しかし今の日本では持っていても国民には厚労省が使わせない仕組みを作っている。
穿った見方をすれば上級国民用に取っているのか、ある程度感染を広めて社会のお荷物になる高齢者や弱者を削減してから製薬会社が儲けるために出してくるのか。

サーズとエイズとエボラの特徴を持つ最強ウィルスで、治った後も男性は不妊症になるとか、二度の感染では重症になり多臓器不全になって死ぬという話もある。
どれも確たる証拠はないが、火のないところに煙は立たないので私は半分ぐらいは真実ではないかと踏んでいる。

桜を見る会を国会でやっていて、それどころじゃないだろうという意見も多いが、今回もANAホテルのことでウソがばれている。
もうとっくに投了しているのに将棋盤を引っくり返し負けていないと言い張るような総理大臣と子分達だ。
こんな連中が今国民の命に関わる危機に適切な対応が出来るだろうか。

何人も医療関係筋からは重篤な肺炎の患者の話が漏れてきている。
しかし検査もしないから亡くなってもコロナウィルスの死者にはカウントされない。
政府は感染者数も隠してはいるが怪しまれないように小出しにしている。
だが、かなりの数の重症、重篤な状態の患者がいるのにいまだに死者は一人しか発表していない。
絶対にもう複数はいるはずだと思う。

彼らにとって一番怖いのは感染者が増えることより死者が増えることだ。
感染が増えても誰も死ななければ、インフルエンザ程度の軽いものに国民の意識を持っていける。
どんどん死者が増えたら国民の怒りは政府に向くから、それだけは避けたいのだ。
で、必死で隠蔽し箝口令を引く。

最初のころの武漢と同じだ。

だが、国民の中にも危機感も持たず騒ぎすぎと思っている人も多いのは事実で、知り合いと話たら「大したことないのに大騒ぎしてバカみたい」と言っていた。
この考え方だから安倍政権は続くのだと脱力した。
正確な情報を自ら集め自分の身は自分で守るしかない。

以下はクルーズに入った岩田健太郎医師の動画。

https://www.youtube.com/watch?v=W3X3RSmf7ds&feature=emb_logo


f450f19c964fd57d9e181ae9d9ca7f18_s.jpg


« 疫病の星回り | HOME |  疫病と祟り »

コメント

こんばんは

このyoutubeを見た時、深夜だったこともあり背筋が凍りました。
クルーズ船は何かがおかしいと思っていましたが、
ウイルスの棲家になっていたのですね。
それを知ってて放置していることに恐怖を感じます。

バレないようにひたすら隠匿し、
あなた方が守りたいものは一体何なのかと問いたいです。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/658-b2cb558d

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR