続・新型肺炎

2020–01–26 (Sun) 14:16
新型肺炎ウィルスが中国でパンデミック状態になっている。
前回記事にした時から患者も死者も倍々ゲームのようになっているが、実数はやはりこの10倍とみていいだろう。
武漢封鎖に続き間もなく主要都市もという話もあり、旅行者の出国禁止も打ち出しているので、もはや中国当局に隠蔽しようという意図はなく、正確な実態や実数を把握しきれていないというところなのではないか。

発生元の武漢には世界的なウィルス研究所があり、コロナウィルスの研究がされていた。
一説にはウィルスを使って生物兵器も作っていたというが、実際ここから今回のコロナウィルスが何らかの理由で外部へ出たのではないかという説が語られている。

作為的なのかヒューマンエラーなのかはわからないが、偶然にしては話が出来すぎている。
それに乗っかった陰謀論も諸説出ているが、ゲノム構造がラボで作られたコロナウィルスと一致するそうだからやはりという感じだ。

兵器として作られたものなら治療薬も一緒に作られているはずだから、一部の人間はそれを使うだろう。
犠牲になるのは何も知らない市井の人々だ。
予想されるのはある一定のラインまで患者数と死者数を増やしたところで、すでに作っていたワクチンなり治療薬をさも出来ましたというように出してきて収束させるというやり方だ。
国家を揺るがすような大事になれば、その他の問題はみんな吹っ飛ぶ。

あくまで私の妄想的思考なので承知で読んでいただきたいが、「風が吹けば桶屋が儲かる」のは戦争に限らず災害でもパンデミックでも同じ構造だろう。
ただ、人為的にしても何となく思うのは、当初の予定通りいかず事が勝手に違う方向に動き出したような印象を受ける。
つまり始めた者の計画通りにはいかず違う展開になってもう手が付けられなくなってしまったような感じだ。

エボラ出血熱も同じ生物兵器ではないかと言われているが流行は限定的だ。
そしていつの間にか収まっている。
これも治療薬やワクチンが実はあるからだろうと私は思っている。

しかし今回は何も知らない人々の思惑や集合意識が力となり、事を違う方向へ行かせてしまったのではないか。
物事には取り巻く人間の様々な思惑が干渉する。
日本も三人目の患者が出たが隔離もせずにホテルに滞在させているし、同行者は普通に観光しているらしい。

経済に支障をきたすのが怖いのかオリンピックに差し障るのが怖いのか、収束するのを知っているからなのか、日本は「大したことないから手洗いうがいをしておいてね」という危機感ゼロの対応だ。

今更政府の危機管理能力のなさを指弾しても仕方がないが、日本人自体もう感覚が麻痺しているようなので無関心の人間も多い。

スピリチュアル的には怖がれば引き寄せるというが、今の日本なら情報も入ってこないし嫌なものは見ないポジティブシンキングなので、新型肺炎も流行らないことを祈ろう。


2020012601001268.jpg






« 太宰府天満宮 | HOME |  コロナウィルスとスピリチュアル »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/651-b6b00bfa

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR