太宰府天満宮

2020–01–24 (Fri) 15:50
太宰府天満宮へ参拝するために福岡へ行って来た。
一泊二日の短い旅程だったが、無事に予定を消化することが出来た。
雨が予想されていたが二日目は上がって、断念しようと思っていた香椎宮にも行けたしメインの天満宮で節分前の祈祷もかなった。

福岡の天神で数年前ふらりと見てもらった占い師と仲良くなり、福岡へ行った時は必ず会って食事をしているのだが、一日目はその彼女と会った。
当時は手相を見ていたが、算命学を習得しかなり精度の高い占いをする。
占い師の例に漏れず体を壊し占いの専業はやめて違う会社に勤めたが、それでも口コミで副業的にしていると言っていた。

霊能ももちろんあって、お客に限らず家族でも未来のビジョンが見える時があるそうだ。
私も、らしきことを一度当てられいる。
だから家族などは、見えたビジョンに沿って事を進めるようにしていくと現実化すると言っていた。

統計学は当たる確率は高いが、負の予想もつくのでそれとどう向き合うかが難しい。
面白いことを言っていて、人の寿命を見ると自分の寿命が縮むから見ないようにしているそうだ。
以前から占いで寿命を読むのはタブーのようなルールがあるが、それは相手の為だけではなくもしかしたら自分の為もあるのかと思ってしまった。
それによって相手の命を左右することになれば、自分の命にも影響が及ぶということなのかもしれない。
何とも奥深い話だった。

さて、太宰府天満宮はやはり私にとっては深い縁を感じる場所だ。
そもそも学生時代道真公は和歌にロックオンされて以来のファンだから、天満宮に行くと知性故全てを達観した道真公の果てしない包容力を感じる。
祟りを鎮めるために神に祭り上げたというのは大間違いだと私は感じている。
彼を策略の末大宰府へ追いやった時の為政者の罪悪感と、それに連動した民衆の恐怖が集合意識となって京に疫病や飢饉を呼び込んだと思う。
道真公は高次の人なので祟りを起こすわけはなく、結果的に神になって後世の人々を救うために敢えて起った一連の流れだったのではないか。

今回はツイていると思うシンクロがあった。
行程も順調にいったし、最近凹みがちだったところ、御祈祷の最中に「全て置いて行きなさい」というフレーズが頭の中で繰り返されていた。
都合よく、道真公の御思し召しだと思うことにした。笑
おかげで身軽になったような気がしている。

いにしえの 飛梅咲きて 大宰府に 道真公の 慈悲をもらわん


line_1579756617965.jpg DSC_0945.jpg






« 私は誰? | HOME |  続・新型肺炎 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/650-93da601d

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR