闘争本能

2020–01–11 (Sat) 20:37
アメリカイラン危機はどうやら回避できたようだ。
全世界がほっとしているだろうが、中にはちょっとがっかりした人もいるような気がする。
人間には動物のように闘争本能の強い人がいる。
金儲けを企む支配層でなくとも、普通の人々の中にも「やってしまえ」と思った人はいただろう。

火事や台風でワクワクする人がいる。
特に火事などで集まるやじ馬は、かなりこの傾向が強い。
不謹慎だが、自分が巻き込まれない限りは高見の見物が好きなのが人間だ。

古代ローマやギリシャ時代に奴隷同士を格闘させたり猛獣と戦わせたりして、それを貴族たちは娯楽として見ていた。
格闘技がスポーツとして残っているのは、人間の闘争本能の証明だろうし、今でもボクシングやプロレスのファンは多い。
格闘技ではなくてもスポーツで競うということは、相手を打ち負かすということであり、これはスポーツという名を借りた戦いで、闘争本能がなければできない。

悲しいかな戦争は人間のこの闘争本能があるから起こる所業だと思う。
普通の人でもすぐ手の出る人や喧嘩っ早い人と、理性的に頭を使って解決しようとする人がいるが、これはその人間ののルーツがどこにあるかでも分けられるように思う。

元が狩猟民族か農耕民族かでも違うし、もっと言えば宇宙から来たとして出身星の特性によるものかもしれない。
好戦的な民族や国はやはりそういうが多い。
日本人は農耕民族で大人しいが、この傾向は戦争になると戦いが好きというよりも精神性でのめり込んで行くような気がする。

本能ではなく国を守るとか家族を守るとか天皇の為とか、自分の外に何か理由をつけて戦うという特性があるのではないだろうか。
だから特攻隊など死ぬのが分かっているのに、敢えて「~のために」という大義名分を付け美化して送り出した。
他の国では戦争でもそんな理由は通用しない。
闘争本能がモチベーションになって戦う民族と、本能ではなくマインドで戦う民族の違いがあると思う。
イスラム教の自爆テロなどは、特攻隊と同じシステムでなされていると考えられる。

人間に闘争本能がある限り、世界から戦争が無くならないのは残念ながら事実だろう。
そこにもっともらしい理由をすり込み洗脳すると、もはや普通の人間さえ戦うロボットになってしまうのが戦争だ。


DSC_0243.jpg





« WWIII | HOME |  超能力と霊能力 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/646-68d67912

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR