戦争の危機

2020–01–04 (Sat) 11:46
年明け早々物騒な国際情勢になっている。
アメリカとイランがほぼ戦闘状態に入っている。
お正月気分で浮かれ、マスコミも最低限の情報しか伝えていない日本は関心のない人が多いが、今や世界のツイッターのトレンドに #WWIII (第三次世界大戦)が一位になるほど世界中がアメリカとイランの交戦に戦々恐々としている。

トランプ大統領はイランへの報復だとしてイランの司令官を狙って爆撃したが、これが何を意味するのかその重大さを本人も気づいていないのではないだろうか。
国内で大統領二選目を目前に控え弾劾裁判で苦境に立たされているので、何か事を起こして国民の目を逸らせ人気取りを考えたのだろうが、そんな楽観的に事態が進むとは思えない。

イランは報復を宣言しているから、下手をしたら二度目の中東戦争が始まる。
ツイッターに海外在住の日本人のツイートが流れてくるが、世界ではイランアメリカ全面戦争がいつ始まるのか固唾を飲んでいる様子が伝わってくる。

日本人は正確な情報も与えられず、総理大臣からしてこの火急の事態に呑気に散歩とゴルフと映画鑑賞だ。
その上、年末こっそり自衛隊員200人の中東派遣を閣議決定だけで決めた。
交戦が始まれば自衛隊員は巻き込まれ、日本もアメリカの手勢として戦争に参加することになるだろう。
そのための安保法制だった。
友好国が戦争をすれば一緒に戦うという法律なのを未だに知らない国民は少なくないと思うが、現実になって戦死者が出て初めてそんな大変なことだったのかと知ってももう遅い。

自分で情報収集をしていると、世界と日本人の認識の落差に常々驚かされる。
今の日本は鎖国状態かと思うほど我田引水的な情報しか流さないし、その原因は司法制度さえ恣意的に使う今の政権にある。
ゴーン氏のレバノン逃亡で大騒ぎしているが、ルノーの日産買収を阻止するための国策捜査なので、それをわかっている向きは声高に批判をしていない。、

政権にしたら有罪にしてバレバレの政治意図を国際的に批判されるよりは、今逃げてもらい被害者を装っていたほうが楽なのだから内心ホッとしているのではないだろうか。

今年はやはり激動の年になりそうだ。
目の前の生活が第一なことは確かだが、いつの間にかそれすらも脅かされる時が来るかもしれない。
その大事な生活を守るためにも、マスメディアは信用せず正確な情報は自分で集めたほうがいいと思う。



DSC_0930 (3)





« 2020年 | HOME |  当たるも八卦当たらぬも八卦 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/643-1bc06cfb

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR