ガイドスピリット

2019–12–24 (Tue) 15:20
ハイヤーセルフ、守護霊はスピ好きには馴染みの言葉だと思う。
微妙に定義は違うようだが、自分を守ってくれたり進むべき道へ導いてくれたりする見えない存在だということは共通認識だろう。

確かに霊能者やスピリチュアルリーダーによって捉え方が違っている。
ハイヤーセルフ、守護霊は時々同一視されたりハイヤーセルフガイドなどと呼ばれていたりするが、分けて考える人もいる。
その他指導霊、補助霊など、いわゆるスピリットガイドと呼ばれる霊体が誰でも何体かはついているが、これはほぼ考え方は同じだ。

ハイヤーセルフと守護霊は生涯入れ替わらないという意見が多いが中には変わるとみる人もいる。
指導霊、補助霊は人数にばらつきがあり1000人単位でつけている芸能人もいるし、人間の霊体だけではなく自然霊や動物霊がついている場合もある
その人の生き方によっていい指導霊がついたり中にはよろしくないものも憑いたり、人それぞれだ。

普通守護霊は必ず守ってくれると思うが、守護霊にも強い弱いがあったりする。
ハイヤーセルフは高次の自分の魂と考えられるから、自分の魂の霊格に見合ったハイヤーになるという説もあって、どうやらガイドスピリットと言ってもレベルに違いがあるようだ。

私もそうだが、存在を信じていれば守護霊に加護を願う。
しかし忘れてならないのはガイドスピリットは神仏ではなく、自分に相応のガイドだということだ。
「彼らは自分自身の成長と共に力を付けていく」という一節を最近目にして、なるほどと思った。
ハイヤーセルフもその人その人の持つ魂のレベルの中でのハイヤーであって、決して天使のような高次の存在ではない。

ロウワーな生き方をしているとかけ離れた高次元のガイドスピリットがつくわけはなく、逆に立派な生き方をしていると力を持った高い指導霊や補助霊がついてくるようだ。
つまり「ガイドさん、お願い」の他力本願では駄目なわけで、自分の成長によって守護霊も力をつけ高くなっていくし、指導霊もつき補助霊も増えるということだ。

ハイヤーセルフや守護霊によって導かれている側面もあるが、己の生き方によっても彼らも変わっていくということだろう。
いわば二人三脚のような関係なのだと思う。
つい困ったことがあるとガイドスピリットに助けを求めてしまうが、常に自分自身も高めていかなければ彼らも力を発揮出来ない。

思えばジグザグ走行の人生だった私を、ガイドスピリットたちはよく愛想も尽かさず守ってくれたものだと思う。
時には叱られたり痛い警告をされたが、そのおかげで今日があるので感謝の気持ちでいっぱいになる。

「守護霊は何があっても一番あなたを愛している」と言われるが、本当にその通りなのだと実感する。


12993562_1007231692704911_8928384745872406781_n.jpg





« 過去生のデジャブ | HOME |  占い師と闇 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/639-1dbf9c74

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR