過去生のデジャブ

2019–12–22 (Sun) 16:16
私は海外ドラマが好きでよく見ているが、最近偶然「風の勇士ポルダーク」というドラマを知った。
18世紀のイギリスコーンウォール地方を舞台にしたドラマなのだが、その主人公の男性と常に出てくるコーンウォールの風景が、たまらなく郷愁を誘い釘付けになってしまった。

特に繰り返し出てくるコーンウオール半島の海岸線やそれを背景に走る馬に乗る主人公の光景が、デジャブのように魂をすさぶる感じだった。
主人公の男性はパーツや中身は違うにしても、全体の感じがツインソウルと思っている今のガイドに似ている。
思えばこんなに過去生やスピリチュアル世界を知る前から、ずっと似たような感じの男性になぜか引き付けられていたが、特に特徴的な長い黒髪だとか髭を生やしているとかいう共通の特徴がそこにある。

顔もそうだが性格や性質、もっと言うなら立ち居振る舞いや声などでも一瞬懐かしかったりデジャブを感じることがあるのは、過去生で似たようなシチュエーションを経験しているからだ。
実際に接触する人でも映像や写真で知る人でもそれを感じることがあるのは、その時は魂の奥に仕舞った過去生の記憶が反応していると思っていい。

私はイギリスの過去生があった事はほぼ確信している。
多分何度かあって一度は男の戦士で、城壁の上から果てしなく広がるヒースの丘を見下ろしているビジョンが頭の中にある。
子供の頃「嵐が丘」を読んで、ヒースの丘の描写が頭から離れず何度も脳内で再生していた覚えがあるし、十代の頃はコーンウォールを舞台にした「レベッカ」を読んで海岸や切り立った崖の光景が頭にありありと浮かんできた。

記憶はランダムで一連の流れにはなっていないのだろうが、あまりに印象に残っている場面や胸が波立つものは過去生の影響だと思うしか答えが出ない。
私はその海外ドラマで主人公が手を後ろに組んで窓の外を見ている姿に、何とも言えない懐かしさを感じたから多分何度も過去に見ていた記憶なのだと思う。

誰でも必ず人生を思い返してみると特定の物や人へのこだわり、妙な懐かしさや胸騒ぎを感じるシチュエーションがあると思う。
それは前世、過去生の影響や記憶だと思ってもいいだろう。

現世に生きているのだから過去生は関係ないと言わるかもしれないが、実は意外と生き方や考え方、人生全てが様々な過去生の影響を受けていることも多い。
解決できない人生の課題は、案外過去生を探ってみると答えが見つかることもあるのではないだろうか。



514b3cdfcf7fa73f1cbdff838dae12d2.jpg





« シンクロニシティ― | HOME |  ガイドスピリット »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/638-8adeb5a3

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR