政治家のオーラ

2019–12–15 (Sun) 15:01
昨日横浜へ行って来た。
山本太郎氏の街宣があったからだ。
彼についてはこのブログでも何度か取り上げているが、私は決して一部で揶揄される山本氏の「信者」ではない。
ただ原発事故以来山本太郎という人間が、政治家として成長していく姿に興味を持っているからだ。
そして、絶望しかない今の総理大臣と対照的な、本物の政治家を探しているというのもある。

山本太郎氏については最近他の野党と組まないから自民党の補完勢力だとか、安倍総理ヨイショの評論家を消費税の勉強会に講師に呼んだという事で、変節や裏切りと指弾されたりしている。
彼が一部野党のやり方を「机の下で自民党と手を握っている」と批判しているのが、立憲民主党支持者の逆鱗に触れたようだ。

私は立憲民主党を立ち上げた枝野氏の、最初の街宣に行き握手もした。
あの時は政治に閉塞感を持つ人々の間でブームになったが、連合など支持団体の縛りや何よりも中途半端なスタンスが災いして、今や賞味期限切れの様相を呈している。

残念ながら枝野氏は優秀な頭脳と信念を持った政治家かもしれないが、カリスマ性や人を引き付ける魅力に乏しい。
つまりオーラが小さいのだ。

昨日私が山本氏の街宣をわざわざ聞きに行ったのは、最近巷で言われるように変節しているのか自分の目で確かめたかったからだ。
彼はいささかも軸はぶれていなかった。
それどころか非常に勉強していて聴衆のどんな質問にも丁寧に答えつつ、最後にはそれに対する自分の政策、ビジョンで結んでいた。
今、全国を街宣行脚しているが、中には酔っぱらって絡まれたり誹謗されたりもしている。
涙ながらに弱者の悔しさを口にする山本氏の動画も見た。
一貫しているのは、そんな行動をする人間の動機を見抜き理解しているから、今の総理大臣のように排除もしないしヒステリックにもならない。
貧困や生活苦から自分に怒りをぶつけるのだと知っている彼は、「寄り添う」という言葉の意味を真に実践している政治家だろう。

今の官房長官のおひざ元である横浜は、右翼の街宣車が大音量で山本太郎氏の横で名指で氏を貶めていた。
現政権下の狂った光景だが、そんな中で老若男女物凄い数の聴衆が2時間殆ど動かず山本太郎氏の話を熱心に聞いていた。

最後に太郎氏とツーショツト写真が撮れるのだが、かなりの数の人が列をなしており、その割合が男女比あまり変わらなかったので彼の政治家としての実力は本物だと思った。
一人のタレントが政治家になり、選挙中でもないのに演説だけで何処でも数百~千人規模の聴衆を集めるようになるのは驚異だと思う。
そしていささかも思想信条を変えず、政治家として成長して行く姿には人間の可能性というものを感じずにはいられない。

実は私も一緒に写メを撮ってもらったのだが、理由は彼のエネルギーを感じたかったからだ。
短い時間だったのでよくわからなかったが、握手をしたらその手の気が物凄い事だけは確認できた。



DSC_0912.jpg






« 人間の変容 | HOME |  霊能力の未来 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/635-654cff31

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR