占いカフェ

2019–11–29 (Fri) 16:02
とある占いカフェへ行ってきた。
最近占術研究会に久しぶりに出てタロットの読み方のヒントを得たり、新しいデッキが欲しくなり幾つか手に入れたので、タロットの専門家に会ってみたくなったのだ。
やはり偶然というかネットを調べていたら辿り着いた占いカフェがあり、そこはかなり本格派の占い師が10分1500円という価格で入れ替わり鑑定してくれているところだった。

早速タロットに特化してやっている占い師の日に行ってみたのだが、都心の隠れ家的カフェで昼間だったので誰もお客はいなかった。
カウンターの女性と話すと、占い業界の悪徳業者に憤慨している占い師たちが集まって廉価で占いを提供してくれている場所だと言っていた。
確かに名前で検索すると有名なカルチャーで教えていたり、マスコミの露出や本も出版していたりと、名前を知っている占い師も何人かいた。

そうこうするうちにタロット専科の人が来て、鑑定をしてもらうことになった。
感想は、確かにタロットのプロは違うとう感じだった。
まず、切れがいい。
占う内容に絞って見るので、読み方と解釈の仕方が決まったテーマからぶれない。

勉強もかねてと言ったので、スプレットの見方やラインの読み方など解説も交えて教えてくれたので、かなり目から鱗の部分があった。
四元素やタイムラインの読みなど私があまり採用しない方法も使い、聞きたいことの答えを教えてくれた。
特に数字の読み方でなるほどと思ったことがあって勉強になった。

余談で面白いことを教えてくれた。
剣、聖杯、棒、金貨は四元素で、風、水、火、土に分類されるが、スプレッドに占める割合で読めることがあるというのだ。
結婚を占う時地域性があって、地方に行くと特に北陸などは結婚も土地や家の結びつきが多いので、土や物質的なのもを表す金貨のカードが多く出るそうだ。
東京など大都市では結婚は本人の気持ちや意志なので、感情を表す聖杯のカードが多く出るということだ。
剣が多く出た女性は、条件でバサバサ切るから剣が多いとか、数字の出方でも物事の推移が分かるなど興味深い話が多々あった。
タロットの読み方は一枚一枚の意味もさることながら、まず大まかにアウトラインを掴むのが要諦だと言っていた。

お客さんが誰もいなかったので10分の鑑定だったが、タロットの読み方など結構話してくれて、行った甲斐があったと思っている。
何十年もやっている人なのでやはり道を究めたプロは凄いと実感した。
そこのカフェで鑑定をしている占い師たちは、殆どそこでは採算度外視でやっているようだ。
観てもらったタロット占い師も、本を出したりカルチャーでも講座を持っている人だった。
まだまだ占い業界も志のある占い師達が沢山いるのだと思う。

昔本もたくさん出していた銭天牛という著名な占い師がいたが、御子息が名前を継いでやはり銭天牛として有名になっている。
その人も他では占わないそうだが、そのカフェでは同じく10分1500円で見てくれるそうだ。

交流会もあるというのでそのうち行ってみたいと思う。



11e8c8b3fb25d51ac9ad2becebefd736_s.jpg





« 思考は現実化する | HOME |  除霊・浄霊 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/629-4c04cb01

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR