桜を見る会

2019–11–15 (Fri) 15:02
安倍総理が5月の「桜を見る会」で、公職選挙法違反で窮地に立っている。
とはいっても、毎度おなじみの「嘘もまかり通り不正上等」の政権だから、来年中止にして逃げ切ろうという魂胆らしい。
来年の中止も安倍首相の一存で決めたそうだから、代々続いている政府の行事を個人の意志で決めることにも驚くが、これが俺様総理の面目躍如というところだろうか。

地元山口県の後援会の人間を前日から一泊ツアーで上京させ、ホテルニューオータニで五千円の会費で供応している。
一万円以上するはずなのに五千円の会費しかとっていないので、補填分を出していると考えられ公職選挙法違反だと糾弾されているのだ。
参加者は功労功績のあった人と言い張っていたのに、単なる後援会のおじさんおばさんが来ており、出席者名簿は開示請求があった直前に破棄したらしい。
いつも通りのやり口で、いつも通り逃げ切ろうというわけだ。

今回は珍しく政権広報NHK始めマスコミが追求している。
微妙に彼らも風を読んで、もし政権が倒れた場合と存続した場合のダブルスタンダードで行っているようだ。
新しい組閣以来あっという間に二人の大臣が辞任したが、それでも支持率は下がらず今回の「桜を見る会」の騒動でも、早々に中止を宣言して幕引きを図る算段だろう。

それに隠れて現代の不平等条約、米FTAが批准されようとしている。
日本経済の屋台骨を壊す経済政策だが、その内容も国民は知らぬまま大した騒ぎもなっていない。
政治の腐敗と売国政策で今や日本は瀕死の状態だが、ビーカーの中の茹蛙状態の日本人は危機感もなく従容として死を受け入れるのだろうか。

令和になり天皇の即位式、連日の饗宴、パレード、そして昨夜の大嘗祭と一連の代替わりの行事が終わった。
昨日の大嘗祭は各天皇が自分の体に日本の神を降臨させる儀式だそうだ。
平成天皇には確かにシャーマンのエネルギーを感じたが、今の新天皇はどうだろうか。

国家予算で一連の行事を行うのは皇室内部からも疑義が出ていたが、政治利用したい安倍総理は最大限自分をアピールした。
大嘗祭の神殿も5億円をかけて建立し1億円をかけて取り壊すそうだ。
それを我々の税金から払う。
何ともすっきりしないのは私だけではないだろう。

令和になって浄化が起き、すべてがリセットになるような予感がする。
まずリセットしてほしいのは不正と嘘で塗り固め権力にしがみつく強欲な人間たちだが、平成と同じ手法でまた逃げ切れてしまうなら、令和の時代も暗黒時代になるだろう。
早く桜は散ってほしいものだ。



5490e8d2c613207d1a57af30a4d2f6f4_s.jpg






« 守護霊の報せ | HOME |  霊能力はギフトか »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/625-ef434efe

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR