虐待の連鎖

2019–09–13 (Fri) 14:50
ツイッターを見ていたらあるツィートが目に留まった。
有名な霊能者の言葉を引用したものだが、「虐待される子供には【愛】の入った名前が多い。名前にはその子供が人生で一番欲しかったものが入っている場合がある。」という文章だ。

虐待死した子供の事件に関連したツィートだったが、胸にグッとくるものがあった。
確かにニュースになる虐待児童の名前には、女児は可愛いものや愛らしいものが多い。
男児は名前負けしそうな立派なものや、この親がどうしてと思うような含蓄の深い名前もある。

なんとも悲しい因果律だが、私もカウンセリングをしたりそれ以外でも、虐待やDVの当事者に会うことがある。
虐待まで行かずとも、親子の宿業は世に尽きることはない。

虐待された人の特徴として、ある傾向がみられるのは事実だ。
「虐待の連鎖」という言葉があるが、虐待された子供は親になると自分の子供を同じように虐待してしまうというものだ。
全てではないが、実際に被害者が加害者になることもあり、幼少期のトラウマはその子の人生に大きな影響を及ぼすのは想像に難くない。
その呪縛から同じ過ちを繰り返すか、同じ轍を踏まないよう生きるか、またはその葛藤に悩み結局普通の人生を送れなくなるかなど困難を抱える。

シリアルキラーは多くの場合、虐待された過去や幼少時に悲惨な経験をしている。
他人に向かなければ、ベクトルが自分に向かい自己崩壊を起こしたりする。

虐待まで行かなくても親が離婚すると子供も離婚の確率が高いとか、とにかく親や家庭のあり方が子供の人生に与える影響は計り知れない。
虐待された経験を持つ人は自分が親になるのが怖いと考える人も多いし、虐待まで行かなくても家庭不和の家に育つと結婚に希望が持てなかったり子供を不幸にしてしまうのではないかと考えるようだ。

スピ的解釈なら、そんな親や家庭を選んで生まれて来たのだから、それの課題を乗り越えるのが今世のの目的と言ってしまえるが、当事者はそんなことは忘れて苦悩にのたうち回る。

特に親子不和は必ずのカルマと学びがある。
生きているうちにそれに気付けばいいが、課題をクリアできない限り延々とその因果は続くから虐待の連鎖という言葉にもなるのだろう。

自分の親を見て結婚はしない、子供はいらないと思っている人が突然結婚したりいらないはずの子供が出来た場合は、それは間違いなくの導きだったと思った方がいい。
虐待される子供は望まれないで生まれた子が多いが、一方で望まなくても生まれてくれて、おかげで人生を変えてくれた子供もいる。
出来ちゃた婚はよくあるが、いわば向こうから強制的に来てくれる場合は、必ず親にとっての深い学びを与えてくれる天からの賜物なのだと思う。


DSC_0516.jpg






« 命の危機 | HOME |  来世の決め方 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/602-61aef430

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR