インド占星術の不思議

2019–08–17 (Sat) 15:25
インド占星術の奥は深い。
一か月ほどみっちりやっているが、知れば知るほど際限がなく、木を見て森を見ず的になる危険があるので、予め方法を取捨選択して鑑定スタイルを決めないと駄目なようだ。

これまで短期間の割には結構な人数を見たりモニターで鑑定させてもらったが、チャートを見ただけでざっくり掴めるのは西洋占星術もインド占星術も同じだ。
しかしインド占星術は最低二つのチャートを使い、輪廻転生の前提で過去生やカルマ、今生での課題もある程度わかる。

ネット講座を見たりかなり調べているが、インド占星術は因果律というのが良くわかる占術のような気がする。
この人は過去生のカルマ解消のためにこういう今生を選んだのだろうとか、大家になると細かくわかるらしい。
死期はもちろん死因や死に方まで調べられるが、日本では占いの基本としてそこまではなかなか難しいと思う。

ただインド占星術を理解してくると、インドという独特の国制度や地域性が色濃く反映されていて、生まれながらに魂のカーストが分類されていたり、王様との関係が決められていたりするのには驚かされる。
インドは歴史的にも身分制度で貧富の差が激しく、大人まで生き延びるのが大変な下層民もいるし、独自の文化、思想から死は決して遠い世界のものではない。
死生観も独自のものがあるようだ。
だからインド占星術では人生がどんなものか、どんな時期に何が起こるかというのを見る。
何処まで生きられるかは、インドではそれこそ死活問題だったのだろう。

マーラカという死のハウスもあり、その時期が来ると死に捕まる可能性がある。
あるインド占星術の大家は、鑑定をする時に最初に寿命から見るそうだ。
何故ならそれ以上を見ても仕方がないからだ。
長命か短命かの条件が幾つかあって、かなりの確率で当たるらしい。

様々なチャートをネットや実際にも見ているが、やはり生まれついて持っている星の配置が人生を決めるというのはよく判る。
平均的な星の配置はそれぞれ細かく見ていくと違いが分かるが、ぱっと見て特徴的な配置などはそれが顕著だ。
いいハウスに星が集中していたりすると過去生や先祖の功徳を貰って来たのだと思うし、困難な部屋に集まっていれば今世はカルマ解消と修業を決めて来たのだと思う。

先日、ある所で西洋占星術だったが、結婚相手との二人分のホロスコープを見る機会があった。
二人とも星の位置と配置が殆ど一緒で、居合わせた人達は皆驚いた。
話を聞いたら完全にソウルメイトかツインソウルのような感じで、ずっと一緒にいた感覚があると言っていた。

また、スピブログの記事で過去生を覚えている人がそのホロスコープを出して見たら、自分のホロスコープとそっくりだったというのを読んだことがある。
特にインド占星術は西洋占星術より複雑で過去生やカルマも読めるから、違う魂との繋がりも読める可能性はある。

その域まではまだ遠いが、いずれ本格的にインド占星術鑑定もやってみようと思う。


a7c32afd7e8a8fbe9443c7f1193cebba_s.jpg





« お盆と幽霊 | HOME |  先祖返りの日本 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/591-e31e5db6

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR