龍神の神社

2019–07–11 (Thu) 14:33
先日、よくお参りに行く神社へ一年に一度の祈祷をしてもらいに行ってきた。

縁があってここ数年通い出した龍神の神社だが、一か月に一度くらいは行くので親近感を覚えている。
中でも大黒様と恵比寿様を祀っているお社が好きで、置かれている沢山の大黒、恵比寿様の仏像はどれもニコニコ笑っていて心が和む。

その隣にかなり強いお稲荷様のお社もあるのだが、参拝しようとしたらお賽銭箱が盗まれたという張り紙があって驚いた。
よりによってお稲荷様の御賽銭箱を盗むななんて天罰が下るよ~、と思いそうだが、なぜか私はそこまで思えなかった。
勿論賽銭泥棒は罪深いが、よほどお金に困るか事情があったのかもしれない。
神様は天罰など与えないが、いずれは自分に返ってくるだろう。

賽銭を上げる人もいればそれを盗む人もいるのが人間社会だ。
中には現世利益のためにお賽銭を上げる人もいるだろうし、そういうお賽銭は自分の欲を満たしたい引き換えだったりする。

神社仏閣は様々な人間の思念や思惑やときにネガティブな感情も引き受けている。
御利益があるかどうかは、お参りする自分の心が反映する場合も少なくない。
よく神社にはお願いではなく御挨拶と御礼でと言われるが、ついお願いをしてしまうのが人間の性だ。
御祈祷は具体的に神様へのお願いを取り次いでもらうことだし、もしそれが理に適う願いなら神様は力添えをしてくれるかもしれないが、まず自分がどういう生き方をしているかも問われるのではないだろうか。
困った時の神頼みだけでは神様も困ってしまうだろう。

御祈祷の後神主さんとお話しをさせてもらったが、名前を覚えていてくださってとても嬉しかった。
もう通って4年にもなるのだと感慨深いものがあった。

蛇足だが、祈祷をしていただいた後お札やお守りなどが入った紙袋を頂いたが、その中に日本会議と思われるフライヤーが入っており、憲法改正の必要性を書いていた。
大抵の神社は日本会議に入っており、日本会議は政権に強力な影響力を持つ。
現政権が改憲に血眼になっているのも、支持母体の要請も強いからだ。

この神社は崇敬しているし神主さんたちもいい人ばかりだが、神社が政治関与や改憲運動に利用されるのは神道からは逸脱しており残念でならない。
神社本庁も日本会議という政治団体に牛耳られていて、本来のあるべき姿からはかけ離れているように思う。
神様たちも決して神職たちが政治活動をして、改憲や政府を動かすことは望んでいないだろう。


DSC_0748.jpg DSC_0750.jpg 00330001.jpg








« 最大の悲劇は善人の沈黙 | HOME |  スピリチュアルから政治を見る »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/578-be0b3c24

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR