スピ人間の孤独

2019–05–16 (Thu) 18:43
「小さな親切大きなお世話」「あなたの常識私の非常識」
誰でもこれを痛感させられることが、一度や二度はあるのではないだろうか。

人は自分の基準で物事を判断する。
それは人間関係でも同じだ。
社会人として常識的な基準は皆ある程度は共有しているが、考え方や価値観、思想信条が違うと微妙なずれや相反が起こる。
それでもそれを含めての人間関係なので仕事や職場ではうまく対応するし、利害関係が絡まない組織や友人なら離れてしまうのは自由だ。

しかしスピリチュアルの仕事に携わりそれなりのスピ能力があると、普通の人間関係でも様々な事が分かってしまったりあるいは相談されたりする。
だから、多分人との付き合い方もどこまで踏み込めばいいのか分からなくなって、普通の友人が出来なくなってしまうことも多い。

過去知り合ったスピを仕事にしている人は、敢えて友人は作らない人もいたし、出来てもすぐうまく行かなくなって殆ど友達のいない人もいた。
理由は様々あるだろうが、友達を作らない人は何かあると自分の能力を「友達だから無料で見て」と頼られるからという理由だったし、友達とうまく行かない人は力が強すぎて友人が離れてしまう人だった。

同業者同士ならある程度理解できるが、これがそうでない人ならどこまで深く付き合っていいのかボーダーが見えなくなるのかもしれない。
親切心で分かったことを伝えてもその人にとっては大きなお世話だったり知られたくないことだった場合もあるから、不可侵領域というのが分からず時に「小さな親切大きなお世話」になってしまうのだ。

かくいう私も人に言えない秘密を鑑定以外でもカミングアウトされることに慣れているので、自分にとっては当たり前のことが仕事とそうでない友人関係で厳密に線引き出来ていないのだと気付くことがある。

誰でも人に知られたくないことを持っているし、隠したり偽っていることもあるだろう。
それを話しているうちに、意識しなくても気づいたり読み取っている相手とは付き合うことは苦痛かもしれない。

エンパスや霊能者はしばしば「そんなことが分からないの?」と思うことがある。
人と同じ土俵には立てない疎外感を感じて生きてきたインディゴやスターシードは多い。
悩みを抱えている人は料金を払って占いやカウンセリングに行くが、その場限りで秘密は遵守されるからカミングアウトできるのであって、その内容を職場や友人関係の誰かが、話しているだけで気が付いてしまうのなら怖くて近づけないだろう。

勢いスピ人間は人付きあいの仕方が分からなくなり孤独を抱える。
小さい頃はもろにそうだが、案外大人になっても人間関係や家族関係がうまく行かず、孤独を抱えるスピ人間は多い。

「あなたの常識私の非常識」はスピリチュアル世界と普通の世界を説明する言葉でもあるようだ。


c1b8acbed7a4ed7539eed5afa143a175_s.jpg





« スピリチュアルケア | HOME |  言葉は凶器 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/555-b47c1044

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR