平成の終わり

2019–04–30 (Tue) 17:24
今日で平成が終わる。
今日と明日は変わらない日なのに国民の集合意識が区切りだという風になれば、自ずと新しい波動が生まれるだろう。

平成天皇は国民に愛された。
何故なら父親の昭和天皇の起こした戦争の過ちを身をもって贖罪したからだと思う。
昭和天皇も軍国政府に利用されたとはいえ、現人神と奉られた半生は国民を臣民として「天皇陛下万歳」と死んでいく兵士を是としていたわけだから、いくら敗戦によって人間宣言をしても国民を戦争に向かわせた罪は大きい。

そんな父親を見て今の平成天皇は戦争の愚と平和の尊さを訴え、父親の代わりに世界各地へ戦争の犠牲者の慰霊の旅をした。
彼の一生は父親の残した負の遺産の清算だったように思う。
多くの国民を戦火に向かわせ死なせた父親とは反対に、国民を国粋主義に傾く政治から身を挺して守ろうとしているのは、事あるごとに「戦争の惨禍」や「平和憲法」という発言を聞いてもわかる。

私の世代は戦後民主主義教育をまだ受けていたから「天皇陛下万歳」という言葉は兵士が特攻する時叫ぶ印象しかないが、今の国民が若者も含めて皇居で平成天皇を見ると「万歳」と自然に言ったり涙を流す理由は、スピリチュアル的に判るようになった。
平成天皇も若い頃は血気盛んなところもあったようだが、年を重ねるとともに霊的進化も著しかったのだろう。
今や平成天皇夫妻は日本最高の神官でヒーラーだから、その波動に触れると自然に魂が感応してしまうのではないか。

天皇家は天皇家だからと言って高潔な魂ばかりではない。
万系一世などと国粋主義者はうそぶくが、遺伝子的には他の血が入っているしY遺伝子が延々と引き継がれているわけではないので男系天皇のみもおかしな話だ。
スピリチュアル的に見ればたまたま天皇家という特殊なソウルグループの中に相応しい魂が来るだけで、男性だからというわけではないだろう。
輪廻転生するなら魂は男の時も女の時もあるはずだ。
たまたま平成天皇は天皇家のカルマも清算するような高次の魂だったのだと思う。

「戦争のなかった平成の時代」と声を震わせながら平成天皇が言った言葉に、彼の平和に対する生涯をかけた悲願が滲み出ているような気がする。
新天皇も父の意志を受け継ぎ、戦争のない平和な令和の時代の象徴になってくれることを願ってやまない。



古代蓮2





« 魔除けと邪気払い | HOME |  令和のシンクロ »

コメント

こんばんは

上皇さまも美智子さまも人として優れた方でしたね。

長きにわたり国民に尽くしてこられ、
このような方が天皇皇后で良かったと思います。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

私はスピリチュアルに覚醒してからお二人のスピリチュアル的な力を知りました。
日本の国と国民を見えない力で守って来たと思います。
「国民に寄り添って」と胡散臭い政治家が言いますが、本当に国民に寄り添っていたのは平成天皇皇后だけだったと思います。
これからはご自分の余生を楽しんでほしいと思いますね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/547-d2017c39

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR