ペットの死

2019–04–19 (Fri) 12:35
ペットの雄猫が亡くなった。
20歳で老衰によるので、文字通り天寿を全うした死だった。
私は子猫の時から育て10年間一緒にいて、その後は引っ越したので泣く泣く身内に頼んで引き取ってもらったが、時々会いに行ったりスマホ動画で話したりしていた。
去年の秋にもうそろそろだと思いお別れの意味で会いに行ったが、やはりそれが最後になってしまった。

ペットは必ず縁があって来るのだとつくづく思う。
亡くなった猫も子猫の時一目見てピンと来たし、一緒にいると人間のようで全部判っているのではないかと思うことがよくあった。
そして、見えないものまで見えていたのは確実だと思う。
よく夜中に玄関の方をじっと見ていたから何かの気配を感じていたのかもしれない。
ロシアンブルーとシャムのハーフなのでとても頭が良く高貴な感じで、心を見透かしているのではないかと思うくらい賢かった。

ペットは家族の厄を肩代わりしてくれたり身代わりになってくれるという。
中には本当に一番好きな家族の代わりに死ぬこともある。
バイク事故に遭って助かった青年が同じ時刻に可愛がっていた猫が突然亡くなった話を聞いたことがあるし、それに類することはよくある。

亡くなった猫も死ぬ時は誰かを助けていくだろうと思っていたが、そんな感じの最期だった。
実際は今の飼い主が昨年暮れ近く大病をしその時から弱ってきたのだが、猫には小さい頃から一番好きな少年がいて飼い主を病から救うことで彼を悲しませないためだとふと思った。
飼い主には亡くなる前夜何度もすり寄って抱くのをせがんだそうだし、可愛がっていた彼には亡くなる日の朝夢枕に立って知らせに来たそうだ。
詳しく説明できないが、可愛がってくれた人たちを助けていくなんとも大きな慈愛だろうかと胸が痛くなった。

ペットは人間以上に家族を守っていると思う。
ある意味家の守り神のような存在にもなるし、気が付かないところで家族が背負ってきた邪気や悪霊まで引き受けてくれる。

亡くなった後私もかなり落胆したが、飼うことになった時子猫の譲渡会で自分を見つけてくれてありがとうと、ふと言われたような気がした。
亡くなる前には腹水が貯まり歩くのもやっとだったが、最後まで自力で水も飲みトイレにも行ってそのままこと切れたそうだ。
死ぬ前に離れていてももう一度ライン電話で顔を見て話しかければよかったと悔やんでいる。

亡くなってから、もっと色々やってあげればよかったと思うのは人間に対してもペットでも同じだ。
最期まで世話をして思い残すことがない身近な人間はまだしも、離れていたりそんなに会えなかったりする場合は悔いることが多い。

私には会いに来てくれなかったが、何となくこの世の役目を果たし家族を守って行ってくれたような気がする。
そして亡くなっても大事な人の側で護ってくれるのではないかと思っている。
やっと楽になり思い残すこともなく、幸せに旅立って行けたのではないだろうか。


1555594223917.jpg





« 魔除けの香り | HOME |  心配性とスピリチュアル »

コメント

おはようございます

命あるもの、お別れはやはりつらいものですね。

最期を看取ってほしい魂と、
みんなを悲しませないように逝ってしまう魂がある
と聞いたことがあります。

そして、平成の終わりに迫った今、訃報が相次いでいるように思います。

ノートルダム大聖堂の火災といい、
そのうちに行こう、いつか会える、ではだめなんですね、きっと。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

生者必滅は世の理とはいえ、身近な死に直面すると感情がこみ上げてくるのも人間の営みですね。
亡くなって四十九日はまだこの世にいると言いますから、ペットだった猫も夢枕に立ってくれないかなとまだ思っています。

世界中で天災人災が起こっていますね。
ノートルダム寺院の焼失は、まるで何かの警笛が鳴ったような気がしてしまいました。
日本でももうすぐ天皇退位がありますが、大きく気の流れが変わることでしょう。
潮目がいい方に変わることを祈りましょう。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/543-d852be81

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR