若者の死

2019–04–09 (Tue) 16:25
最近立て続けに30~40代の男性芸能人が亡くなった。
30そこそこのミュージシャンが心不全で突然死したが、そういう事例が増えて中には10代の突然死や20代の脳梗塞もある。
芸能人、著名人でも大病や死者がぞろぞろいるのに、こんな現象を皆麻痺しているのかなんとも思っていないのか。

全てを8年前の原発事故による被曝のせいだとは言わないが、今頃になって東電と国は隠蔽していた事実を出してきて未曽有の放射能放出と被曝量だったことが明らかになった。
しかし8年も経てば誰も関心を示さないしそれを待っていたのだから、国民の命などどうでもいい連中が国を牛耳っているのだけは証明された。
一番の問題は国民が国の嘘を見抜けず放射能は安全だと信じてしまったことだ。
そして時間が経てばなくなるだろうと。

半減期という言葉さえ知らない国民が大部分で、何年も経っているから放射能はもう大丈夫、今更そんなことを言い出すのは変だという社会になっている。
半減期で減っているのは半減期2年のセシウム134だけでセシウム137は30年、ストロンチウムは29年、プルトニウム、ウランに至っては億年単位だ。
半減期とは半分になる期間で半分は残っているということだから、いずれも福一から放出された放射能はまだ日本を覆い尽くしている。

福島で甲状腺癌が増えたと最近ツイートがあったが、それを袋叩きにしているのは福島の人だった。
福島に恨みがあるのかという主旨だったが、読んでいて暗澹とした気持ちになると同時に、国民があの時国と東電に間違った刷り込みをされたことにやりきれなさを覚えた。

折しも最近福島原発では水蒸気の噴出や奇妙な光がライブカメラに何度も映っており、観察している人達が地下で再臨界ではないかと言っている。
実際東京や千葉の水道から検出される放射能の量も増えている。
海にはトリチウムが流され放題でもう止める術はない。

チェルノブイリ事故の後も、日本でも若者や乳児の突然死が相次いだ。
一時に目に見えて判る事象ではないが、段々とみんな病んで気が付いたら倒れたり死んでいくのが被曝の晩発障害だ。

勿論放射能以外にも遺伝子組み換えや添加物など日本人の健康を蝕む要因は幾つもある。
だからこれらが複合的に作用して人々は心身共におかしくなっていくのではないか。
日本人の平均寿命は長い。
しかし平均寿命と健康寿命は違って、平均寿命が長くても健康寿命との差がどんどん開いていくのがこれからの日本だと思う。
体に入った毒物は脳も同様に蝕み、メンタルを病んだり認知症も増える。
頭も体も健全で健康な人は、あらゆる世代で少なくなるだろう。

今からでも真実を自分の目で確かめ、一部の支配層と利権者の犠牲になる必要はない。

しかし、悲観的だがこれも天の予定調和だとしたら、自然淘汰はやむをえないないのだろうか?



92.jpg





« 集団スピリチュアル | HOME |  無意識の不思議 »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

有難うございます。

御想像の通りです。笑
これからもブログを読んでいただけると嬉しいです。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/539-343249b7

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR