霊のいる部屋

2019–03–29 (Fri) 15:26
そろそろ三月も終わりでこの時期は引っ越しシーズンだ。
引っ越しは新しい住まい探しから始まるが、これが一番の難関だ。
条件に合う家や部屋を決めるのには候補を絞り内見するが、案外すんなり決まることもあれば中々決められないこともある。
何でも直観は働くので、ピンと来たところはまず外れはないだろう。

しかし新築ならまだしも賃貸の中古となると、中にはいわくつきの部屋もある。
いわゆる事故物件というものだ。
自殺、事故死、殺人事件など変死はもちろん、自然な孤独死でも発見が遅れ腐乱状態で見つかると事故物件に入るようだ。

事故物件とは平たく言うと成仏できない霊がまだいる部屋と言えよう。
敏感な人は事故物件だと知らされていなくても、入った瞬間いい感じがしなくて住みたいとは思わないようだ。
中には家賃が安いからと事故物件だと知っても入る勇者もいるが、自殺や変死を聞いてすでに気持ち的に負けてしまう人は絶対に止した方がいい。
その時点でもう波長が合ってしまう可能性があるからだ。

未成仏霊と言っても、必ずしも悪さをするわけでもない。
時にはその部屋にいることが分かっていても意に介さないので何も影響ないとか、あるいは仲良くなってかえって助けてもらうとか。
人間に悪さをするのはこの世に恨みを残していたり、たまたま住人のネガティブな部分と同じ波動が共鳴する場合だ。

未成仏霊は自分が死んだことを知らなかったり、成仏したくて助けを求めたりするから存在を知らせてくる。
そんなときは、夜中に音がするとか不思議な現象が起こったりするが、本当に悪霊なら必ず病気怪我や事故など悪いことが起こる。

そういう部屋に入ることになったのは同じ波動を持っていたり、何かしらの縁があったりする可能性もあって、もし強力な守護や加護があったら、まずそんな部屋に引っ越すことはないだろう。
人と同じで土地や住まいも何かしら縁があったり波長が合ったりするものだ。

いくらきれいにリフォームしていても、何となく変な感じがしたり気が進まない物件はやめた方がいい。
匂いは判りやすいセンサーで、黴臭かったりし湿った匂いはいい霊ではない。
自分の直感は大事にした方がいいが、決めたと思ってもその場で契約せず一晩は時間をおいて気持ちが揺らがなかったら大丈夫だろう。

私も若い頃一軒家を借りる際条件的に合う家を見つけて業者にその場でOKをしたが、家に帰って次第にやめた方がいいような気持になり翌日やはり断ったことがある。
後から調べたらそこは元病院が建っていた場所だった。

賃貸ならまた引っ越すことはできるが、中古のマンションや家を購入する時はよくよく前の持ち主や住人、土地柄も調べた方がいいだろう。
新築以外は必ず前の人の気や念は残っているものだし、まして霊だけでなくネガティブな念や遺恨も置いてあったら厄介だ。
もしかしたら一生の運気も変えることになるので、住まい探しは出来るだけ慎重にいい条件で考えた方がいいと思う。



7ac9648c16120812a8b32ed321f3afd2_s.jpg





« 親子という呪縛 | HOME |  新元号 『令和』 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/534-e5cd39d3

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR