彼岸参り

2019–03–20 (Wed) 16:46
明日は彼岸の中日だ。
彼岸の期間は一週間だが、その前後は体調がすぐれない人がいる。
私の知り合いでもスピ関係の人は彼岸やお盆は向こうの世界と波長が合い、能力が鈍ったり逆に鋭くなったり体が辛くなったりするという人がいた。
体調に関係なくやはり様々な霊の気配を感じるという人もいる。

彼岸と此岸は日本的な概念だが、その間にあるのは三途の川だ。
この世からあの世へ行く時に川を渡るという考え方は、日本だけでなく古代からオリエントやギリシャにもあったらしい。

臨死体験をする人は世界各地にいるが、国や信仰によって川があったりトンネルの先に光が見えたりしたと語っている。
バックボーンによる違いはあるにせよ、いずれもきれいな光景が見えて亡くなった親や親戚、友人がいたというのは似通っている。
そして生き返った人はいずれもその近しかった誰かに「来るな」「帰れ」と言われたり、後ろで誰かに「行くなと」と言われ呼び戻される等々、同じような体験をしている。
多分皆、此岸と彼岸の間に行っていたということなのだろう。

こちらの世界とあちらの世界には、グレーゾーン的な境目があるような気がする。
それが三途の川に象徴されるように、そこを通るか通らないかで生死が分かれるのかもしれない。

彼岸は死者の霊が戻って来ると言われるから、お墓参りに行き故人を思い出すのはいいことだと思う。
遠くて墓参が叶わないのなら、仏壇に生前好きだったものを供えたり仏壇がなかったら好物を一緒に食べてあげるのもいいだろう。
亡くなった親や祖父母は、向こうへ行っても子供や孫を気にかけ心配している。

彼岸やお盆は霊道が開くともいわれるし、一斉に人々があちらの世界へ思いを馳せればその時期は此岸と彼岸が近くなるのではないか。
や霊を信じる人は勿論信じない人でも、亡くなった人を思い出して感謝すれば必ず側に来て喜んでくれることだろう。




9827e59f1eb9921d71c90ac4d7a2b995_s.jpg






« 宇宙アート | HOME |  孤独は蝕む »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/529-3b8d17e0

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR