宇宙アート

2019–03–18 (Mon) 15:44
私は絵描きで美術業界に身を置きかなりの年月が経つが、最近の若い作家の作品を見ていると明らかにこの子たちは宇宙人だと思うことがある。
アブストラクトともいえないような心象画なのかデザイン画なのかイラストなのかわからない、いわゆる現代アート的な作品が多い。
見て描くというのではなく、頭の中にあるイメージやインプットされているものを引き出して作品にしているという感じだ。
無論、いわゆるヒーリングアートやスピリチュアルアートとも違い、本人達も美大芸大を出て正統派の画家を目指している人も多い。
中には習わなくても基礎が無くても不思議なテイストの絵を描き有名になる人もいる。

最近はそういう作品を見ると、「ああ、この作家はクリスタルチルドレンやスターシードで、宇宙の記憶や宇宙の意識で描いているのだ」、と判る。
多分私の時代とは違って、簡単にそういう才能を出せるが増えたのだろう。

かつては画家の世界でもインディゴやクリスタルチルドレンは確かにいたが、人間というフィルターを一旦かけて人間仕様の絵を描かなければならなかった。
しかし今は自由奔放に自分のイメージをすらすらと描き、新しい芸術スタイルとして受け入れられている。
そういう作家はインスタグラムを使い作品を発表すると、何故か海外から引き合いが来るようだ。
最近もsnsで見かけた若い女性の作品がインスタグラムであっという間に世界各地からオファーが来て、壁に掛ける絵としてのみならず工業品にも使われ海外のアマゾンでインテリアとして売られている記事を見た。
マーブリングを応用して作っているので、描いているわけではなく行き当たりばったりの抽象的な作品だが、どれも確かに何かが違ってその訴求力は半端ではなかった。

あれよあれよという間に世界に打って出て人気者になる若い作家は少なくない。
それも自助努力はほとんどなくて、インスタに作品を載せたら一年のうちに「アメリカやヨーロッパで個展をしました~」みたいなノリだ。
これはもう宇宙人が宇宙の力を働かせているとしか言いようがない。
そして彼らの作品に共通しているのは、その独特の宇宙記憶とスタイルだ。

数年前にスターシードの女性と知り合い彼女もイラストを描いていて見せてもらった時、この感覚は特殊で地球の物ではないと思ったが、今続々とそういう作家が増えている。
以前の画家は画家になるためには赤貧を洗いつつ人生を賭けたものだが、今はそんな苦労もせず才能をダウンロードしてあっという間に人気作家になる。
多分それを受け入れる同類のも増え後押しするから、見えないエネルギーが繋がるのだろう。

芸術の世界でも確実に進化が進んでいる。
クリスタルチルドレン達が今は媒体になり宇宙のイメージを絵にしているが、そのうちそれも宇宙エネルギーが入ったAIが取って代わるのかもしれない。



92368ef21622d1d494d412b7051cda7a_s.jpg






« 量子力学とスピリチュアル | HOME |  彼岸参り »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/528-2b6ab1f9

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR