チャネラー

2019–03–04 (Mon) 15:46
スピリチュアル界では最近チャネラーと言われる人達がいる。
いわゆる広義の霊視になるのだろうが、向こうの世界とコンタクトを取れる人のことでスピリチュアルリーダー、チャネラーなど呼び方が日本語以外になっている。

私は最近をリーディングするチャネラーに電話セッションをしてもらった。
」という部分にフォーカスしてリーディングしてもらいたいとずっと思っていたので、あるところでその存在を知り本物らしいと思って連絡を取り一時間のセッションとなった。

女性のチャネラーだったが、確かに本当にチャネリングしているのは間違いなかった。
私のの本質と今の状況をリーディングしていて、言っていることは漠然と感じている自分自身についてほぼ当たっており、過去生や来歴からその理由も説明のつくものだった。

去年沖縄でユタに見てもらい本物だと思ったが、そのユタと言葉は違ってもかなり重なるようなことも言っていたので、どちらも私の上から降ろしているようだった。
今回のチャネラーは私のかなり上の高次の部分とチャネリングしていると言っていた。

彼女は電話鑑定だったので事前に生年月日と写真の画像を送ったが、セッションを始める時に改めて生年月日と名前を繰り返し何度も唱えてチャネリングをし出した。
多分それがアカシックレコードに繋がる鍵なのだろう。

様々な事を解き明かしてくれたが、早口で殆どトランス状態の感じだった。
本人も言っていたが終わったら内容は忘れてしまい、その後はくたくたで思考も働かなくなるそうだ。
昔でいう霊媒のようだ。
ただ、霊媒は自分に他の霊体を入れるが、チャネラーはそこは違うのではないだろうか。

様々な事を言われたが、骨子の部分は以下だ。
「智慧や知識を追求するで、そのため余計なものまでたくさんつけすぎているから体が重くなっている。求道者だがあれもこれもは無理だから絵が一番シンプルだ。の本来の価値に相応しい生き方や環境にしなければ、ますますずれが大きくなる。」

確かにずっとこれは本当の私ではない、この生き方やありようは本来の私を反映していないと、若い頃から常に違和感を感じていたが、絵描きになってそれは軽減されたし年齢と共にその感覚自体鈍化していた。
しかしここに来てずっと抱いていたその違和感が、が感じていたものだったのを指摘され、やはりあの感覚はそういうことだったのかと納得できた。

未来のアカシックレコードも見てくれたが、よく言われるように道は3本ぐらい見えるそうで寿命も長短教えてくれた。
因みに私の魂は透明な紫色で、紫の物を身に着け良い香りに囲まれるといいと言われた。
スピリチュアルに覚醒してから紫が好きになり、服も紫系が多いし香水も好きになって付けている。
一切彼女には教えていない情報だったが、やはり自分の魂はそれを実践していたようだ。

具体的な問題についても魂をリーディングしながら視てくれるので、かなり気になる事は答えを貰えた。
生活の上で起こる様々な問題や心配事はそれぞれ適したスピのプロに相談しているが、魂の観点から本質的な自分を読んでもらったことはなかった。
偶然その機会を得たので、やはり今の私には必要なリーディングだったのかもしれない。

もし自分の魂の本質や自分が何者かを知りたいと思ったら、そんなセッションを受けてみると人生の謎が解けるかもしれない。
常識的な料金設定だし、興味のある人は料金なりの価値はあると思う。
私的には本物のチャネラーだと思った。



32c58c85701ec774bab0f7d8a9d145f1_s.jpg





« クリスタルチルドレン | HOME |  ストレス線 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/522-67e1b213

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR