クリスタルチルドレン

2019–03–02 (Sat) 10:37

ネットを見ていたらこんなニュースを見つけた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000500-san-hlth

HSC・HSPというのは、とても敏感で、繊細さや感受性の強さ・豊かさを生まれ持つ気質の子・人のことだ。
解説を読んでいて、スピリチュアルでいえばエンパスで、いわゆるクリスタルチルドレン、レインボーチルドレンと言われる最近のスターチルドレンの特徴そのものだ。
これは後々地球の人類が二極化され淘汰されるという説にのっとれば、残るために来ている宇宙のの子供たちかもしれない。
最近は段々増えているようだ。

元々インディゴという宇宙のが来ていて今の30代ぐらいまではそれだが数は少なく、その後にクリスタルチルドレンというもう少し特徴の異なる世代になって数も増えて来たらしい。
インディゴはある種地球の不正や権力と戦い変革していこうとするだったが、クリスタルチルドレンになるともっと穏やかで文字通り透明なゆえ人の痛みに共感したり、世俗的な悪や邪な波動に耐えられなくなって不登校になりやすいようだ。

人間の気が分かるから絡み合ったどろどろしたオーラを感じると、とてもそんな集団には耐えられないのだろう。
よくスピリチュアルで邪気を貰いやすい人という表現をするが、そのまま当てはまると思う。
人混みや集団が疲れるという人はそうだ。

HSCという言葉を実は私も初めて聞いたのだが、解説を読むと自分自身にも当てはまる所が多々あり驚いてしまった。
私はどちらかというと戦って来たが、今の若いスターチルドレン達は戦うことさえできずにドロップアウトする場合も多いのかもしれない。
かつて絵の教室をやっていた時に来ていた生徒は、今考えると殆どこの傾向のある子供達だった。
類は友を呼ぶのか私が彼らの世話をすることになっていたのか、かなり深く関わった子達もいたから皆どこかの星で一緒だったのだろうか。

スピリチュアルではスターシード、スターチルドレン、アースエンジェルなど様々な呼び名と分類があるが、心理学の一領域として研究されているのはやはり数が増えてきているからだろう。
今後もこういう子供達はもっと増えていくと思う。

つまりスピリチュアルでいうようにアセンションが進み次元が上昇して、テレパシーで相手と通じ合える人類が生き残っていくのかもしれない。
まあ、そこまで行くと都市伝説的な仮説になるが、少なくともこのブログを読んでいる人の中にはHSC・HSPの解説を読んで私のように膝を打つ人もいるのではないだろうか。
社会で生きにくいことは宇宙由来のの共通点だが、社会的にもそういう人間が認知されつつあるように世の中は変わってきている。

HSC・HSPを検索すると様々な関連記事が出てくるので、思い当たる人は調べてみてはいかがだろう。


DSC_0243.jpg




« 久しぶりの太宰府天満宮 | HOME |  チャネラー »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/521-b82d66b0

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR