毒親と虐待

2019–02–08 (Fri) 17:45
毒親という言葉があるがこれはここ十数年で使われるようになった。
この言葉が出て来た時に、自分の親のことだと思った子供も沢山いたのではないだろうか。
大まかにいえば子供に有害な親のことだ。
虐待は言うに及ばず、暴力はなくても生育の過程で子供に有害な影響を及ぼす親は毒親だ。

子供を否定したり劣等感を植え付けたり生涯心に残るような傷を与える親は、毒を吐きながら子供を育てている。
毒親という言葉は、親は子供に愛情を持つと美化する社会通念を覆す認識だと思う。

今般の虐待死事件もそうだが、鬼畜のような親は歴史上何処にでもいる。
日本でも江戸時代は折檻は当たり前だったし、生まれた子供の間引きや、年端のいかない女児を女郎屋に売るのもよくあった。
虐待は通報すべきという社会認識が出来上がる前の昭和は、小さい子が突然死んでも事故だと言えばそれで済んでいたように思う。
あの頃も確実に虐待はあったはずだ。

毒親という考え方が認知されるようになって、自我が芽生える歳になったり大人になってからも、自分の親は毒親だと気づく子供が増えた。
虐待はそれなりの防御策があるが、明らかな虐待ではない毒親に対しては子供自身が戦うしかなく、早々に家を出たり長じては親との接触を断つなどするしかない。
親になっても人として失格と思うような人間は山ほどいる。
的に見ればまだ幼稚な子供、未熟なが親になって、人間を学ばなければならない設定だろう。

毒親を持つ子供は親だからと言って尊敬したり好きになる必要はないし、そういう自分に良心の呵責を感じる必要もない。
むしろ毒親を毒親だったと自覚させ反省させるべきだ。
何故なら親子の関係が的には逆転している場合が多々あるからだ。

「虐待の連鎖」と言われるが、そういう環境に育った子供は二通りの道を歩むようだ。
一つは本当に連鎖して同じことを繰り返すケース。
幼少時から叩かれれば子供は叩くものだと刷り込まれるから、残念ながら親になったら同じことをする。
もう一つは知識と知恵を得て自分の親を反面教師にし、同じ轍を踏まないケースだ。

呪縛のように虐待は連鎖すると、虐待された子は大人になって思うらしい。
一生そういう足枷を子供にはめるのが虐待の罪深さだ。
『親を親とも思わない』と親側は使うが、毒親を持つ子にとっては逆にそれが一番必要な言葉ではないだろうか。



42ae9638b2c9006b51c3a15ea7dda3ba_s.jpg





« 虐待とスピリチュアル | HOME |  エネルギーは回る »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/512-803873e3

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR