『嵐』ショック

2019–01–29 (Tue) 16:35
今日の記事は嵐のファンの方はスルーしてほしい。

嵐の活動休止で日本中が大騒ぎになった。
折しも国会が始まる前日で、安倍政権は不正統計、、北方領土の交渉失敗など国民に注目されたくない内容が目白押しでその目くらましにまた繋がりのあるジャニーズ事務所を使ってスピン報道を仕掛けたのかと思う向きも多いようだ。
おまけにメンバーの一人の父が不正統計を行っていた総務省の当時の次官ともなれば、痛くない腹も探られよう。
そもそも二年後の活動休止について何故今なのか疑問を持たれても仕方がない発表だが、関係者にすればスピンにはなるしこれから二年間最大限の営業で収入が見込めるベストタイミングかもしれない。

私は嵐など興味がないのだが、TOKIOの解散の時も日本中の反応に違和感を覚えて記事にしたことがある。
今回もショックで泣きじゃくったり食事も喉を通らなかったり会社を休んだり、信じられないリアクションがツイッターに流れていてドン引きしてしまった。

スピリチュア的に考えると殆どカルトと変わらないと思う。
ただ教祖が歌手やタレントである違いと、教義も布教もないので社会にとっては健全だと言える。
しかし筋金入りのファンは洗脳状態と同じで、生活の大きな部分がその芸能人の存在で占められている。
同じ普通の人間でもファンにとっては偶像化され神格化されているから、独身のはずが恋人がいたり結婚するだけでも裏切られたりショックを受けたりするようだ。

その心理状態や行動様式は私にとっては理解不能だが、人間は昔から偶像崇拝の行動原理を持っていてその対象は神だったり王だったり支配者だったりした。
それらが廃れてきて、代わりにアイドルや人気グループに対して小規模ながら似た形態になっているのではないだろうか。
カリスマ性を持つ芸能人やグループは過去生を辿ると集団のリーダーや指導者で、そこに惹かれるファンはその集団に属していたというリーディングを読んだことがある。
もっと遡れば的には大きなソウルグループだったり宇宙からの移住集団で、同じ船に乗り合わせたかもしれない。

ファンは対象に理由もなく惹かれてしまうから、そういう意味では見えない世界の引き寄せであり、ファン同士が仲良くなったり妙な共同意識を持つのも頷ける。
過去生で一緒だったからだ。

この世でリーダーのもとにグループを作るというのは、現世だけの関係ではないと思った方がいい。
幸い歌手やアイドルに傾倒してもせいぜいファンクラブに入りグッツを買ってライブやコンサートに行くくらいだが、これが営利絡みや思想絡みだと問題が起きてくるから注意だ。
私も一度ライブに行ったことがあるが皆でペンライトを振る光景を見て、独裁国家の民衆が重なりぞっとした覚えがある。

芸能人のファンになり生きていく活力にするぐらいはいいが、解散や活動休止、あるいは結婚などでショックを受け会社を休むほどめり込むのは危険だ。
そして一番悪いのは、それを利用する勢力がいたりその意を受けて煽るように喧伝するマスコミに踊らされることだ。
彼らは夢を与えてくれたが、一方現実的には歳を取り人気の落ちて来たアイドルグループが、最後に打ち上げ花火で営業をかけているという残酷な見方もできる。
いくらアイドルで今世ではその役目で来たかもしれないが、人間であることに変わりはない。
今一つのミッションが終わって、嵐という虚像から一人の人間の実像へ戻る時が来たのだろう。


9f92aa915660e94318a6d4fa91e61d62_s.jpg





« 手放すということ | HOME |  政治と宗教 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/508-58b4bdf2

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR