手放すということ

2019–01–26 (Sat) 12:11
スピリチュアルでは手放すという言葉がよく使われる。
執着をやめるのだ。
しかしなかなか願ったり欲しくてたまらないものを諦めることは出来ない。
そもそも簡単に諦めるぐらいなら本物の願いではないと思うだろう。

引き寄せの法則で「○○が欲しい」というのは同時に「○○がない」という現実を肯定しているせいだという。
だから考え方を工夫して「○○を持っている自分」を想像するとか、引き寄せの指南書には方法論が書いてある。
つまりは自分の潜在意識と顕在意識の矛盾を無くする必要があるということなのだが、そうそう上手くはいかない。

だが、手放す、諦めるというのは、この潜在意識も顕在意識も合致するわけだ。
そうすると余計な思念の邪魔が入らず、かつて宇宙に願ったことが逆に実現したりする。
「諦めたら願い叶った」ということがないだろうか。

例えばどうしても子供が出来ず長年欲しくて努力したが、とうとう諦めて養子を貰ったら妊娠したというケースだ。
これは執着が強過ぎてそのエネルギーが逆に妊娠を邪魔していたかもしれず、「子供が欲しい」が裏返り「子供が出来ない」という呪縛を自分たちにかけていたと考えられる。
同じような事は生活の中で結構あると思う。
追いかければ逃げるなら追いかけるのをやめれば向こうから来たりするし、「押しても駄目なら引いてみる」というのは象徴的な譬えだ。

何かに執着している限り他のものは見えなくなっている。
手放す、諦める、は一度リセットするという意味もある。
手放した後望んでいたそのものが来るかもしれないし、実は違う形でも結果的に同じような望みが叶うかもれない。
執着している限り視野狭窄に陥り他の良い物や価値あるものも目に入らないが、それを手放した途端世界が開けたり違う未来にシフトしたりする。
振られた恋人への未練を断ち切ったら、違うもっといい相手と巡り合うのはよくある話だ。

誰でも夢や希望や願いを目標に進んでいくが、それが固執になってしまっては他にもある大事なものに気が付けない。
時々は立ち止まったり思い切って手放してみると、案外思わぬ形で求めていた夢が叶ったりすることがあるものだ。



006.jpg





« 皇室のスキャンダル | HOME |  『嵐』ショック »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/507-2d444783

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR