ネット世界の闇

2019–01–18 (Fri) 15:29
去年興味深いスピ系ブログを見つけ、読み出していたところ突然閉じるというお知らせと共に翌日には本当に消えていた。
元々霊感的なものがあった人らしいが仕事にしているわけでもなく、年齢を重ねカラー系のセッションも始めた人で、日常的なスピ話も書いていて人気も出ていたようだ。
多分ブログのことで何かあったのだろうと推察していたが、昨日偶然違うところで再開されているのを見つけた。
プロフィールの中に、やはりSNSでの問題を匂わせる記述があり、推測通りだったようだ。

SNSで政権を批判すると、ネトウヨと呼ばれる輩がツイッター始め2ちゃん、ブログ、FB、インスタでもれなく絡んでくるが、彼らは自民党がバイトで雇った連中もいれば触発されて同調する者もいるし、仮想世界で自分のストレスを晴らしている者まで様々だ。
しかし、一つだけ共通点は社会生活を営むリアルの自分を隠しているということだ。
罵詈雑言をぶつけてくるのは必ず正体を判らなくしている。

これを裏返すと人間の中に潜む黒い部分、闇の部分をこれでもかと見せてくれるのがネットの世界だ。
自分が誰か判らなければ、何をしてもいいという前提が本人達の中にあるのだろう。
正体を隠し口汚くネット上で相手を誹謗中傷する輩は、現実しか信じないというある意味スピリチュアルとは程遠い人間だ。
「天知る、地知る、我知る」という箴言があるが、意味さえ分からないのではないか。

誰でもむしゃくしゃしたりストレスが溜まれば捌け口としてどこかを攻撃したい時もあるだろうが、匿名性の陰に隠れてこそこそやるのは一番卑怯だ。
ネット上でヘイトや暴言を吐く極右のネトウヨが、実は調べたら中年の普通のおじさんやサラリーマンだというケースがよくあるようだ。
無辜の市民の仮面を被って良き父親良き夫でも、実はネット上では別人になり人格を疑われるような振る舞いをしているのだ。

仮想世界は人間の闇の部分の受け皿でもある。
一番怖いのは闇を抱えた人間がリアルの部分で闇を抱えていると出さずに、いい人になり切っていることだ。
死ぬまでそれで終わるのかもしれないし、そういう部分がいつか破綻して実生活でも出てしまう場合もあるだろう。

私はハンドルネームでブログを書いているが政権批判にしてもスピ的内容にしても責任は取るつもりなので、個展の案内も記事にしたことがあるし私を知ろうと思えば可能なスタンスを取っている。
コアでマイナーなせいか(笑)、幸い冒頭のブログのように閉じてしまうほどのトラブルに見舞われたことはないし、政治ネタのツイッターでたまにネトウヨや極右おじさんに絡まれることはあるが、スルーして済んでいる。

SNSというのはどんな人間かを知る踏み絵だと思う。
シリアルキラーは何年も何十年も良き夫良き父親だったというのが多いが、ネット上の別人も犯罪にはならない同類かもしれない。

的には、リアルで見える見えないは関係ない。
誰も知らないと思っても、天は知っているのだ。



0f1abd23a2f0915bf44545bdbe2fb121_s.jpg






« スピリチュル系ビジネス | HOME |  魂の履歴書 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

https://leomasquerade.jp/tb.php/503-695e220a

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR