ワクチンと全体主義国家

2021–11–17 (Wed) 17:40
新型コロナが激減し日本は一応の落ち着きを取り戻したようだ。
しかしヨーロッパは激増している。
ワクチン接種者の間でのブレークスルー感染で増加しているのは間違いなさそうだ。
これを認める国は少なく、未接種者が広めているという論調だが、もはや情報操作だろう。

3度目のブースタ―接種を各国が始め、日本も来月からするという。
イスラエルは二回目以降激増し、三度目が終わってまた減ったがいつまで持つのか。
ヨーロッパ諸国はワクチンパスポートを作り、未接種者の人権を制限しようとしている。
仕事も解雇されとにかく接種しないと基本的人権さえ奪われる。

その結果反対デモが起こり、二極化、分断化が進み、新型コロナのせいというよりワクチンのせいで世界がおかしくなっている。
そのワクチンはいまだ治験中で、5年後のことは判らない代物だ。
副作用や死者も他のワクチンとは比べ物にならず、当初宣伝された効果も次第にメッキがはがれ、打っても感染するのは明らかだ。
重症化や死者は減らせると頑張ったが、それもヨーロッパでは怪しくなってきたようだ。
ここに至ってはワクチンの非を認めることは、推奨してきた国家にとっては絶対できないので、ただただ打ち続けるのを進めるのみだろう。
どんな病気が増えようと超過死亡が増えようと、時間がたてば因果関係が分からなくなり薬害だと証明が難しくなる。
日本も打ってすぐに死んでも、認めないくらいだから。

各社の混合接種にしたのも責任の所在をはっきりできないためだろうし、製薬会社も利権業者もとにかく儲けるだけ儲けようとしているのは明らかだ。
新型コロナの死亡者がほとんどいない幼児にまで接種しようとしているわけだから、世界はどうなっているのかと思う。
兎に角このワクチンの害やネガティブ情報は、正規の研究論文さえ一切無視され封殺される風潮になっている。
youtube始めソーシャルメデアも反ワクチン狩りが凄まじい。

言論の自由や反対があってこその民主主義が、もはや一つの意見しか認めない全体主義国家になっている。
日本はまだそこまで行ってはいないが、ドイツやオーストリア、オーストラリアなどは、打たない者は人権を剥奪すると、堂々と国の為政者が言っている。

恐ろしい世界になったと思う。
全体のために個人が抹殺される世の中がまた来たわけだ。
歴史はかくも繰り返されるのか。


mask (2)





 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR