毒と薬

2021–07–14 (Wed) 17:43
新型コロナのワクチンが日本でも接種が進んでいる。
壮大な人体実験と言われるmRNA遺伝子ワクチンだが、そろそろ変異株には効かなくなりつつあり3回接種も取り沙汰されている。
確かに一定程度効果はあるようだが先のことは判らず、人類に福音をもたらすワクチンなのか人類を破滅に導くワクチンなのかは人々の考えも二極化している。

これは科学的物理的根拠をもとにしたことではないのだが、私を含め私の周りあるいは見聞きしているスピ能力のある人達は大抵がワクチンを危険だと思っているようだ。
大っぴらには言っていないが、まだ様子を見たいとか、打たないという人が多い。
根拠を尋ねると、「とにかくそう感じるから」というのが殆どで、つまり科学的根拠も何もないがインスピレーションで少なくとも自分は打ちたくないということだ。
シックスセンス、霊感、スピ能力がそう感じさせるのだとしか思えない。

かくいう私も肌感覚で打ちなくないと思っているし、特に若い家族には絶対打たせたくない。
若者はこれから50年の人生があり、余命10年の老人とはリスクが違う。
確かに、くだんのワクチンを打ったからどうなるものでもなく、健康そのものでいられる人もいるだろう。
しかし、未来のことは判らない。

私が言いたいのは、ただ単純にスピ系人間、いわば見えない世界とコンタクトを取ったり情報をもらえたりする人たちに、新型コロナワクチンのリスクを感じている人が多いという事実だ。

新型コロナは人類に変化をもたらすと思っているが、もしかしたら新型コロナウィルスよりもワクチンの方がその役割を担っているのかもしれない。
原初の人類は宇宙人が遺伝子操作をして作り出したという説もあるくらいだ。
遺伝子が変わるのは人間の歴史を見たらそう珍しいことではないということか。

蛇足だがフランスのマクロン大統領がワクチン接種を強制するために非接種者の私権を制限すると発表した。
医療関係者は接種しなければその職を追われるようだ。
彼は陰謀論の世界ではNWOのエージェントと言われている。
世界各国が右倣えしたら、あながち陰謀論も嘘ではないのかと思ってしまいそうだ。


DSC_0195.jpg




 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR