オリンピック万歳

2021–05–30 (Sun) 14:59
昨日どうしても必要があり渋谷へ行ってきた。
驚いたのは土曜日で人出が凄いことだった。
ほとんどコロナ前と変わらない。
皆マスクはしているが、密を警戒するどころか行動様式はコロナ以前と全く同じに見えた。

緊急事態宣言延長とか言っているが、皆もうコロナ慣れして以前の日常と同じ生活に戻っている。
オリンピックを強行することには批判があり、世論調査をすれば8割は反対している。
この期に及んでもオリンピックに突き進む政府を狂っていると思っていたが、一方で聖火リレーに殺到する人、こっそり行われているオリンピックの事前大会に集まる人、そして何より昨日の渋谷の人混みを見たら、オリンピックをやったら多くの国民が熱狂するのではないかと思ってしまった。

新型コロナも自分が罹らない限りは他所事で、もううんざりだというのが本音だろう。
マスクしていれば罹らないという気持ちがあって、特に若者は罹っても風邪くらいにしか思っていないのは昨日の渋谷でよくわかった。
とにかく自分さえ大丈夫ならいいという意識が日本に蔓延しているような気がする。
それもこれも国民を散々愚弄してきた政治があって、もう国など信用できないから宣言を出そうが延長しようが関係ないのだ。

大阪がピークアウトしたと言われている。
それはさすがに大阪人もあの増加と医療崩壊でやばいと思ったから自粛したのが理由の一つらしい。
一時旭川もコロナがブレイクアウトしたが、同じように市民が危機感を抱き、外へ出なくなったからだと聞いた。
つまりもはや日本人は自分が身をもって危険だと思わなければ分からない民度の低さで、そうさせてしまったのは政治だと言えよう。
目の前でバタバタ人が倒れなければ気が付かないのだ。

ビスマルクは「賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶ」と言ったが、経験からしか学べないのが今の日本人だ。
オリンピックを強行したら、後の結果など考えず熱狂する国民が目に浮かぶ。


DSC_1462.jpg





ワクチンという選別方法

2021–05–24 (Mon) 15:01
先週より喉の調子が悪く、万が一コロナかもと少々不安になっていた。
葛根湯を飲んでいたが、思い切ってお守り用に買っていたイベルメクチンを一錠飲んでみた。
イベルメクチンは副作用もなく、多分コロナではないと思っていたが体調も戻っている。

日本は狂気のようにオリンピックに向かっているが、緊急事態宣言でもワクチン接種さえ進めば全ては解決すると思っているようだ。
世界のコロナワクチン信仰は日に日に強くなっているが、私はどうしても疑問を持ってしまう。
確かに短期的には効果があるのはイギリスやイスラエルを見ても明らかだが、その後はどうなのか。

あるスピリチュアリストは、ワクチンを打つということは人間のDNAを根本からいじることになるので違う人間を作り出すと言っていた。
人間改造とでも言うべきか。
アンドロイドになっても生き延びられればいいが、その過程で一定数の淘汰はあるのではないだろうか。

スピリチュアル的に考えれば人の体は所詮器なので、どう変化しようと中の魂までは変わらないだろう。
接種を受ける人間の魂と受けない人間の魂が、ここで選別されるといえるかもしれない。
ワクチンには莫大な利権が絡み、その背後にいるのは地球の支配層だ。

そしてそれを信じ推奨し打ちたがる人々と、懐疑的で拒否する人々に分かれる。
どうもワクチンを打ちたがる人々と打ちたがらない人々は、それぞれ共通点があるような気がする。
前者は支配層と従順な愚民、後者はそれに抗する反権力と常に疑問を持つ人々。

こじつけめいているが、実際ワクチンを金科玉条のごとく信奉しているのは情弱で常にお上の言いなりになっている人々が多い。
しかしどちらを選択しようと是非はつけられないし、魂がそういう道を選択する今生だから仕方のないことだろう。

何人かのスピリチュアリストが言っているが、人類淘汰の本番はワクチンなのではないかと。
私もどうもそうなのではないかと、この時流を見ていると思わざるを得ない。

さて、自分の仮面の作品で作るタロットカードが出来てきた。
個展用にと思っているが、なかなかの出来だと自画自賛している。笑


20210524_135131.jpg





スピ業界の闇と病み

2021–05–10 (Mon) 11:51
スピリチュアル業界に身を置いていると、いかに暴利を貪るっているのか感じることがある。
霊能者も占い師もいわゆるスピリチュアリストは言った者勝ちだ。
立証もできなければエビデンスもない。
他の商品と違って製造物責任もないし、結果が出なくても責任は負わなくて済む。
自分の能力にプレミアを付けようと思ったら付け放題だ。

医者なら医療ミスで事件になるが、スピリチュアリストは詐欺まがいのことをやっても貢いだ方が悪い。
壺を売るなら別だが、どれだけ法外な鑑定料をとっても詐欺罪で訴えられることはまずない。
そういう意味ではこのビジネスは儲けられると考えている手合いも少なくはないだろう。

同時に真剣にスピリチュアル能力や占いスキルを身に着けたいと思い、養成講座を受けたりスクールのようなものに通う人もいる。
統計学やタロット、占星術などは確かに知識を身に着ける必要はあるが、その講座の金額は大抵は数10万円だ。
中には占い師として多数占いメソッドを会得したいと思う人は、複数の講座なので100万単位になることもあるだろう。
私の知っている統計学の占い師はやはりそれぐらいはかかったと言っていた。
私は習ったことがないのでそれは高すぎると思っている。
国家資格でもないしあくまで「○○修了」など自己申告の世界だからだ。

ただ、それだけお金をかけたから、自分は占い師としてグレードが高いと錯覚するのは怖い。
元々霊能やスピ能力を持っている人間もいればたまたまお金をかけてそれを開いた人間もいるが、結果的に能力差が出るかというと、残念ながらかけた資金とは比例しない。

「先生と言われるほどの馬鹿でなし」という言葉があるが、これは占い師についても同じだ。
先生と呼ばれると選民意識に目覚め、自分は特別な存在だと錯覚するようになる。
そうなると最初は人の役に立ちたいと思って始めた占いも、段々謙虚さをなくし傲慢になって自分の力を過大評価して鑑定料も釣り上げていく。
「これだけ資本を掛けたのだから、能力の対価はそれに見合うものが必要だ」
これは得てして占い師が陥りやすい自己評価の論理だ。

スピ業界は闇が深いと思う。
人助けのためがいつの間にか己の自己実現や名誉欲、野望を満たす場になっていることも多い。
闇が病みになり非業の末路を辿るスピリチュアリストがいるのも現実だ。


11e8c8b3fb25d51ac9ad2becebefd736_s.jpg




 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR