中国が日本を侵略する?

2021–01–30 (Sat) 14:15
新型コロナの流行で出掛けたり友人と会うこともないまま1年が過ぎた。
時々連絡は取り合うが、1~2か月に一度くらいランチしていた友人とも全く会っていない。
私の場合はそれほど痛痒は感じないが、出歩くことの好きな人は大変な1年だったと思う。

3日ほど前に久しぶりに友人と電話で話した。
絵の関係の友人だが、結構お互いの内情は知って相談に乗ったり乗られたりという仲だ。
彼女が私と政治に対する立ち位置が違うのは前から知っていたが、この期に及んでもまだ自民党支持なのには驚いた。
理由は野党は嫌い、誰がなっても同じというところらしいが、これがガチの自民党支持者のスタンダードかもしれないと改めて考えた。

そして驚いたのは、今まで気が付かなかったがやはり中国が攻めて来たり将来中国の支配下になったら困ると思っているところだった。
本気で考えてるのかと思わず聞いたが、心からそう思っていて、日本は歴史的にも世界に類を見ない素晴らしい国だと愛国者の代表のようなことを言っていた。
親しいし好きな友人だが、これにはいささかドン引きした。
ただ彼女はごく普通の日本人で、政治についても今回のコロナのことについても勉強していたり詳しいかというと全然そうではない。
知識的にはテレビの上っ面だけを見ていて、真相を探るメンタリティーなど持ち合わせていないタイプだ。

まさかこの人も、中国が侵略してきていずれ日本を乗っ取ると心配しているのかと呆れたが、ふと思い出したのはネットのゆるふわネトウヨ達だ。
特に女性に多いが、彼女達は漠然と中国に恐怖を覚えている。
これは視点を変えるとどうも魂の問題のような気がする。
潜在意識や遺伝子レベルでそう感じているのではないか。

過去日本は中国を侵略した。
極右の愛国者たちは中韓を蛇蝎のように嫌い、自国の侵略を認めずひたすら日本を賛美をする。
それは裏を返すと中韓を恐れているということだ。

彼らが生理的に中韓を嫌うのは、本人の知らない部分で魂が過去の記憶を持っているからではないかと思う。
侵略した過去の魂が自分の悪行を知っていて、いつか仕返し復讐をされるのではないかと怯えるからだ。
新型コロナを異常に恐れる人も、過去生でペストや天然痘の時代に生きていた魂を持っていると思う。
生理的に恐怖や不安、嫌悪を抱くのは、必ず過去生の影響を受けている。

ちなみに私は新型コロナは怖いが、中国が日本侵略をするなど夢にも思わない。
私個人としては怖くて不安なものは他にあって、これは過去生が影響しているのを知っている。

人間の行動原理や生理的感情を追求していくと、必ず魂の問題に行き着く。
そう考えたら中国が本気で侵略してくると思っている人達も仕方がないのかもしれない。


61e72a64b1c3ecda4ef0fe6e7ba85ddb_s.jpg





ネガティブエネルギーを受けない

2021–01–27 (Wed) 14:35
最近私のYouTube動画を見て、YouTubeタロット占い専門プロデュース会社から営業があった。
今までもいくつか来ているがタロット占い専門と銘打っているところに驚いた。
まあ、占い師ユーチューバー専用で営業戦略を売るような感じだったが、タロット占い動画でも戦国時代が始まっているのだと思ってしまった。
端から私はビジネスでやっていないし動画もアップ数は減らしているのでお断りした。

確かに、明らかにプロデュースを委託したなというタロット動画もあって、次々新しい企画をやったり到底一人ではできないような規模だという動画もある。
ネット住民にウケそうだと思うテーマならどんな内容でも毎日しつこく関連動画を上げたりしているが、確かに固定客がいるのでそこそこ視聴回数は稼げて登録者も増え収入も上がっているだろう。
しかしトランプのフェイク陰謀論や芸能人の自殺(最近は自殺した芸能人の動画は広告が付かなくなったので止まった)について、これでもかと何回も執拗に動画として上げているのは辟易とする。
需要があれば供給があるのは資本主義の原理だが、そこに倫理も良識もないのは残念だ。

スピリチュアル的に言えば動画の画面からでも気は伝わってくる。
電化製品は媒体となりやすいので、動画自体の、またユーチューバー自身のネガティブな気もポジティブな気も来ると思って見た方がいい。
実際勘の鋭い人は「この動画いやだな」と思ってすぐ見るのをやめるだろうし、嫌だと感じるのは動画の良くないエネルギーを受け取ったからだ。
また良し悪しは別にして、ユーチューバーと同じ波動や霊格が似ていたりすると自分に合うような気がするだろう。
類は友を呼ぶというのは動画にも言えたりする。

ただ注意してほしいのは、よくスピリチュアルや占い系の動画でヒーリングしたり気を送るものがあるが、中には霊格の低い魂のネガティブなエネルギーもある。
視聴者の癒しを念じているか自分の信者を増やすことを念じているかは分からないのだ。
エネルギーは受け取ろうと思うとコードが繋がるから、そのあたりはよほど信頼できるものでなければ安易にコードは繋げない方がいいと思う。
これはリアルの生活でも全く同じだ。

皆今は新型コロナで生活が変わっている。
閉塞感から癒しや救いを求めてネット世界に耽溺してしまう人もいるだろう。
しかしスマホ、パソコンの画面を見るだけだから安心と思わず、自分がそれに心を入れてしまったら危ない世界だと思った方がよい。

今はYouTubeの世界は新規ビジネスを求める人間の草刈り場になっている。
タロット占い専用のプロデュース会社まであるくらいだから、有象無象が入り乱れている状態だ。
当然悪質な人間もいるだろう。
視聴者も魔に魅入られないように気を付けた方がいいと思う。


20210125_142554 (002)




政界の太郎考

2021–01–19 (Tue) 16:15
昨日から国会が始まった。
新型コロナが全然収まる気配を見せない中、変異種ウィルスも市中感染が確認されきっと大変なことになるだろう。
もうすでに医療を受けられず自宅で亡くなる新型コロナ患者が次々と報告されている。
そんな中で菅総理は昨日の施政方針演説で、「新型コロナに勝った証に東京五輪をやる」とまだ言っているが、寝言は寝てから言えと山本太郎氏に痛罵されたその言葉通りだ。

政界筋ではもう菅総理は詰んでいるらしい。
支持率が30パーセント台に急落してはもう終わりだろう。
予算を通し辞去するか下ろされるかだが、次の候補として河野太郎氏が取り沙汰されている。

私は彼も河野洋平氏の息子としてかなり前から見ているが、彼ほど権力のために変容を重ねる人間も珍しい。
原発事故の後は自民党では反原発を掲げていた。
反原発で政治家になった山本太郎氏と志を共にし、一緒に握手した写真も撮ったりしている。
しかし安倍政権で反原発封じ込めのため、大臣のポストを与えられてから彼は豹変した。
反原発の看板を下ろし、権力という果実を貪り始めた。

彼がツイッターで自分に批判的なフォロワーを次々ブロックするのは有名な話だ。
若者を意識してかなり砕けた内容もツイートしているが、あの奇抜なマスクや執務室の様子を見ても本人自身エキセントリックな部分があるのかもしれない。
外務大臣になると専用機をねだったり、一番驚いたのは記者会見で都合の悪いことを聞かれた時の4人の記者に対する連続完全無視の態度だった。
これは傲岸不遜としか言いようのない応答で、彼の傲慢な本質が露見した瞬間だっと思う。
私もリアルで見ていたが一瞬言葉を失った。
最近またその動画がツイッターで流れているが、誰が見ても呆れるだろう。

人間は権力と地位を手に入れると変節する。
政治家でも彼ほどそれが露骨な人間もいないと思っている。
ある意味わかりやすい。

父親の河野洋平氏は自民党でもハト派で反戦思想の持ち主だった。
だが息子は哲学もポリシーもなく、あるのは功名心と俗的に尖った部分だけのような気がする。
彼が次期総理になったら、菅総理とは違った意味の独裁者になるだろう。

山本太郎氏のことは以前このブログで何回か書いたが、今苦境にあっても彼は年末の炊き出しや弱者救済を続けている。
彼についても賛否両論はあるだろうが、少なくとも同じ太郎でも権力についての姿勢は全く違うと思う。

一時は握手をした仲でも10年経ち、私利私欲か利他かで同じ太郎でもくっきりと分かれたようだ。
そういえば政界にはもう一人太郎氏がいた。
だみ声で横柄な、権力の私物化甚だしいご老体だ。笑


20200501_105405.jpg





日本の病理

2021–01–10 (Sun) 14:39
YouTubeを始めてから去年一年、全く違う日本の側面を見た。
普通の社会では想像できない人間の内面を知った。
そして今の日本の病理のようなものを見せつけられた。

これは根本を探っていけば教育の敗北のような気がする。
20代30代の若者は自分で考えるという頭がない。
決められたことを守り権威に従うという教育を強いられてきたせいだろう。

戦後の安保闘争に始まる学生運動の頃は、戦後民主主義の徹底から若者は政治を批判し国を憂えていた。
大局的に俯瞰できる能力を持っていた。
今の若年層は校則に従い学校に従順である教育を受け、自分で考える能力を持たず権威に従うのが当然だと思っている。
主権在民という言葉は習っても、意味が分からないのではないかと思う程だ。

しかし内部に抱える満たされない闇の部分はネットという世界に生きることによって吐き出し、社会の束縛から自由になれているのではないか。
恐ろしいと思うのは教育で刷り込まれた「誰かの言うことを聞く、無条件に信じる」という行動様式が、自分で検証することもなく安易に一定方向へ向かわせるということだ。

ネトウヨとはよく言ったもので、ネット世界には極右的な人間がかなりいる。
彼らの合言葉は「愛国」「嫌韓」「嫌中」だ。
中国共産党を蛇蝎のように嫌っているが、ではなぜだと聞かれると論理的に答えられない。
彼らは安倍総理を支持し今はトランプ大統領を熱狂的に支持している。
敵は中共だったりディープステートだったりするが、もうそのあたりはごちゃまぜでとにかくトランプ大統領を救世主のように讃えている。
この期に及んでもそれ系の動画を見るとまだトランプが最後には勝つことを信じているらしく、ここまでくると痛々しい。

トランプが利己的な理由で敗北を認めなかったのをまるで正義のヒーローのように錯覚している。
普通に考えたら晩節を汚した最悪のアメリカ大統領だ。
ましてこのコロナの緊急事態に他国の大統領に心酔している自体滑稽だが、そういう人たちも集っているのがネット社会の現実なのだ。

彼らはビジネス右翼の動画を見て、真に受けて信じ込んでいる。
多分学校で疑うことも批判することもしなかったから、逆に政治批判をしているものに対しては眉を顰める。
だから、今のこのコロナの難局に愚策しか打てない政治に対しても何も感じていない。
しかし自分の信じているものを批判されると逆上するのも彼等だ。

ネット世界を知り、遅れて新型コロナによって炙り出された現実の国民の姿を知り、どれほど日本が衰退し後進国に成り下がったのかを実感している。
日本が一番と未だに思っている手合いには、中国韓国に追い抜かれ世界から相手にされなくなっている現実など全く見えていないのだろう。
日本の未来は絶望しかない。


005.jpg




選別するウィルス

2021–01–07 (Thu) 14:10
2021年も今日は7日になってしまったが、今年もブログをゆるゆるやっていこうと思う。
今年も宜しくお願いします。

さて、新型コロナは昨年一年の政治の無為無策によって止まることを知らず、東京では今日は2000人を超えた。
遠からず、全国では1万人行く可能性もある。
検査を絞ってこれだから、他国並みに検査をしたらこの数十倍になるだろう。
国民は新型コロナは大したことがない、無症状も多いと国に刷り込まれたが、無症状で陽性になってもその後症状が出るケースは8割ぐらいあり、最後まで無症状の人は2割だそうだ。

人為的か天然かは知らないが、このウィルスほど完全に人間の選別をするウィルスはないのではないだろうか。
社会に役に立たない人間から消していくのだ。
高齢、基礎疾患、肥満、病弱、まずこのあたりを殲滅していく。
どの感染症でもそうといえばそうなのだが、特に新型コロナは若く頑健ないわゆる世の中に役立つ人々と世の中のお荷物になりそうな人々の症状には、格段の違いがある。

若者は風邪症状ぐらいで済む場合が多く、だから危機感もない。
後遺症はかなりの割合であるようだが、死なない限りはいずれ社会復帰できるだろう。
もし陰謀論を採用するとしたらこれほど支配階級にとっては都合のいいウィルスはないかもしれない。
人口削減を目論む彼らは奴隷として使い物になる人間だけを残せるわけだ。

まあ、新年早々妄想的な話はここまでにしても、私が一番恐れているのはコロナウィルスにもまして見切り発車のワクチンだ。
世界で初めて遺伝子組み換えのワクチンが人口の半分くらいには打たれるだろう。
3年先5年先にどんな副作用、弊害が出てくるかわからない。
人間の体の中で組み替えられたゲノムがどのように変化していくのだろうか?
新型コロナのパンデミックが収まっても、ワクチンを打った人々が別の体になってしまっているとしたらこれはホラーだ。

ともあれ私達は新しい時代が来ることを覚悟しなければならない。
社会も、人間自体も変わってしまう可能性がある。
いや、そのためにこそこの新型コロナウィルスは来たのではないかと思ってしまう。

もうこの流れは変えられない。
2021年も未曽有の激流に飲み込まれずとにかくサバイバルするしかないだろう。


0f1abd23a2f0915bf44545bdbe2fb121_s.jpg




 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR