ネット右翼の自己肯定

2020–11–07 (Sat) 19:41
新型コロナウィルスが流行り出してからYouTubeを毎日上げるようになった。
最近はさすがに本業も忙しくなり間が空いてしまっているが、ひょんなことからYouTubeという世界に足を踏み入れそこで生活してみると驚くべき日本の実情が分かった。

人間の交友関係は、親しい友人以外は普通ある程度距離があって成り立っていると思う。
例えば仕事関係や会社での関係ならば、事務的な対応で相手がどんな人間か、思想信条、行動様式、本質などは判らないし表にも出さないだろう。
また、顔を合わせたり直に触れあうので、下手に本性など見せられないというのもある。

しかしYouTubeというバーチャル世界は、それを遺憾なく発揮できる世界なのだ。
SNSでの誹謗中傷は社会問題となっているが、YouTubeも同じで発信する自由もあればアカウントだけの人間になって自己主張する自由もある。
ユーチューバーになって私が一番驚いたのは、今の日本の教育の貧困だ。
政治的にも歴史修正がまかり通り、嫌韓嫌中に代表されるヘイトや極右思想に染まった若者、中年、老年まであらゆる年代で戦前回帰が甚だしいという事実だった。

多分普通にOLをやっている若い女性が、韓国人や中国人を蔑視し、中国が日本を侵略して沖縄や北海道を取って行くのではないかと考えている。
武漢ウィルス、大東亜戦争を連呼し、コメントで執拗に絡んでこられて何度辟易としたことか。
彼女達は多分日常では普通に見える若い女性だと思う。

占い動画も沢山の占い師が上げいるが、いわゆるネトウヨに支持されるチャンネルのコメント欄を見ると、ここは戦中かと思ってしまう程だ。
彼らの中では日本が未だに一番で、韓国中国を蛇蝎のように嫌い、安倍元総理、菅総理を応援してトランプ大統領が大好きだ。
高校でまともな近代史も勉強しなかったのが、ビジネス右翼のYouTubeなどを見てそれが真実だと信じ切っている。

ビジネス右翼とは政府から官房機密費を貰っている政治評論家やオピニョンリーダーだけではなく、ユーチューバーにもたくさんいて、ネトウヨの注目を集め一儲けしようという手合いも多い。
ネトウヨはネット右翼というくらいでネットの世界には多いが、彼らは社会で自己実現が出来ずネットのバーチャル世界に耽溺し、そこで大声を上げて自己存在証明をしているのだと思う。
彼らはヘイト、愛国を叫ぶことで自己肯定感を得ているのだろう。

面白い統計があるがいわゆる左翼と右翼では、学歴を含むインテリジェンスに差があって右翼の方が低いそうだ。
人間を知性で評価するのはよくないが、今回の菅政権の学術会議任命拒否問題も、結局菅内閣が反知性主義だと言われる所以だろう。

ユーチューバーになって得たものは日本の劣化と民度の低さへの絶望だった。


DSC_1462.jpg




 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR