愚民の群れ

2020–07–10 (Fri) 15:43
九州が豪雨で大変なことになっている。
東京では新型コロナウィルスが増えて緊急事態宣言前の数値を超えている。
2020年は受難の年だが、こう次々とやってくるとみんな感覚が麻痺してしまうのだろうか。
豪雨被害も目を覆いたくなる惨状だが、死者が100人に迫ろうとしても東京のニュースではもうあまり取り上げていないし、もちろん政府もそれなりには対策しているのかもしれないがどうも動きが鈍い。

今の政権は災難や大事件を、殊更取り上げないようにしているような気がする。
特に安倍総理は有事の際には極端にメディアへの露出を避ける。
悪いイメージが付かないようにという戦略らしいが、誰のための政治で総理大臣なのか。

新型コロナウィルスが東京で指数関数的に増えているが、再選された小池都知事は検査数を増やしたからだとシレッと言っている。
これまで検査しなかったという証明だろうが、誰も咎めもしないどころか緊急事態宣言前は戦々恐々としていたのに、その数値を越しても今は新型コロナは収束したと思っている国民が多い。
政府も来月からGo toキャンペーンをやると言っている。

こんな流れを見ていると、日本はおかしいと思ってしまうのは私だけだろうか。
今の日本人には自分で考え判断する力、人の痛みを感じる感覚がなくなってしまったとしか思えない。
それはとりもなおさず、世論操作をしている今の政治の姿勢を反映している。

新型コロナの人数が増えても、ただ数値を発表するだけでスルーすれば何事もないような気に国民はなってしまうのだ。
正しいこと、公正なことを言う人間の方が煙たがられる最近の風潮だ。
上位下達で右倣えが今の社会だから、何があっても国の言うことに従う愚民の群れになってしまっている。

しばしば日本人はロボットになってしまったのではないかと思うことがある。
国が自粛だといえば補償がなくても生活に困っても大人しく家にいるし、解除といえば感染者が増えようが満員電車で会社へ行き行楽に出かける。

安倍政権は「今だけ、金だけ、自分だけ」と揶揄されるが、国民全体も「今だけ、自分だけ」になってしまっているように思う。




黄色い花



コロナ第二波

2020–07–02 (Thu) 16:16
東京で新型コロナウィルスの感染者が100人を超えた。
ここ数日間50人前後だが、指数関数的に増えている。
折しも東京都知事選のさ中だ。
小池知事は一切外街宣しないが、圧倒的優位を伝えられている。
しかし宇都宮候補や山本太郎候補は沢山の聴衆を集め、彼女にしても気になるところだろう。

この新型コロナウィルスの感染者も、穿った見方をすればどうも数字をいじっていないだろうか。
都知事選投票日に向けて感染者を増やし、都民の関心を選挙より新型コロナウィルスの脅威に向けさせる。
都民は恐れて他候補の演説を聞きに行きにくくなり、投票所へも足が遠のく。
投票率が下がれば基礎票、組織票のある小池氏が優位なのは明白だから、投票率は何としても下げたいだろう。

彼女は昨日、感染者を60人台に乗せるという失言をした。
数字を操作していると白状したようなものだが、東京アラートはどこへやら、今度は基準を変えて指標を設けないそうだ。
HPの公表の仕方もコロコロ変えている。
都合が悪くなると基準を変えるという、政権の悪しきシステムをそのまま採用している。

日本人は本当に頭がお花畑だと思う。
世界ではいまだに感染者も死者も増え続け、再びロックダウンをした場所もある。
中国北京では300人ぐらいの感染第二波で素早くロックダウンしている。
東京はこのまま増え続けても、ウィズコロナで自衛を呼びかけるだけだろう。

もちろん国も同じだ。
政府はもう一銭も国民に金を払いたくない。
だから緊急事態宣言はないだろう。
数字を操作し、隠しようがなくなったらまた自粛のお願いで済ます。

国民の間では緊急事態宣言が解除されたので、もう新型コロナウィルスは収束ムードだ。
どれだけ同調圧力が強く雰囲気に流される民族なのだろうか。

都知事選が終わったら見ものだと思う。
どんな感染者の数字を出してくるのか。
しかしいずれにしてもそれが国民のためでないことだけは確かだ。


20200224_132806.jpg





 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR