コロナウィルスと洗脳

2020–05–03 (Sun) 11:55
コロナウィルス禍で非常時となり今までと違う生活が続いている。
また一か月延長されそうだが、皆この異常事態の中で自分についても周りについても様々な発見があるのではないだろうか。
リアルの生活でもそうだが、使用者が多くなったネットの世界でもそうだ。

どうもこの新型コロナウィルスは、人間を二極化しているように思う。
人間の持っているハイヤーとロウワー、善なる部分と悪なる部分がなお一層はっきりしてきているような気がする。

私もコロナ関係については情報を集めているので、最近はそれ系のYouTubeも見るようになった。
その中で驚くのは中国憎し、韓国憎しの歴史修正主義者がかなりいることだ。
大体思想的には極右に近く安倍政権支持だが、彼らが語るコロナウィルスは「中国が撒いたが日本の対応はよくやっており、インフルエンザ程度なので自粛はやめて経済を回すべし」という感じだ。

それはスピ系動画にも結構あって、YouTubeをきっかけにブレイクした自己啓発系や霊能者もおり、セミナーや講演で収入を上げ高額所得者となっている人たちなので、これはある意味政権支持は判る。
でもチャンネル登録数万、数十万人、再生回数何十万回も行く彼らの影響力は大きい。
そんな動画で歴史修正やその政治思想などを語れば、教科書よりもっと影響力はあるわけで、何も知らない若者たちはそのまま真実だと思ってしまうだろう。

事実、知識がなく判断基準も持たない普通の20~40代の人々には、この不安で落ち着かない時期に影響力のある人間の言うことは尚更すんなり入っていくのではないだろうか。
驚いたのは第二次世界大戦を大東亜戦争と言っている普通の若い女性がいたことだ。

確かに中国共産党が自国で人権蹂躙をしているのは知っている。
しかし中国、韓国憎しを煽るような論調は、関東大震災の時に「朝鮮人が井戸に毒を入れた」というデマを信じてしまうメンタリティを醸成する危険性がある。

普通の生活が出来ないこの時期、国民の心はかなり不安定になっている。
その機に乗じて人心を掌握したり利用しようとして、一定方向に言説の流布をする勢力は出てくる。

社会不安が大きくなるとカルトが台頭する。
カルトまで行かなくても不安で気持ちが揺らいでいる時は影響力のある人間にすがりたくなるものだから、くれぐれも偏った意見を鵜呑みにせずまず自分で情報を集め、判断した方が良い。

今の時期、思考停止状態になり変なメンターに頼ると、洗脳状態になってしまう


20200501_105405.jpg




 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR