三峯神社再訪

2019–11–09 (Sat) 18:00
一昨日、昨日と一泊で久しぶりに三峯神社へ行ってきた。
去年拝借した御眷属様をお返しに行き、また新しいご眷属様を拝借するためだ。
今年は何度か行こうとしたが都合が悪くなったり宿も一度キャンセルして、思うようにお参りできなかった。
出雲大社も熱を出して行けなかったし、何となく今年は神社巡りがスムーズではなかった。
三峯神社も直前に体調が悪くなったりしたから、ストップがかかったのかもしれない。

久しぶりの三峯神社は静謐に包まれていた。
特に御眷属様を祀っている御仮屋は人も少なく森閑としていた。
本当に狼様がいるような気がする。

早朝の御祈祷を終え境内の様々なお社を参拝して歩いたが、朝早くはやはり空気が違い、御神木も生気を取り戻したように触ると何かエネルギーが来るような気がした。
おびただしい数の参拝客が御神気を貰うために触っていくので木肌が剥けて赤褐色になっており痛々しいが、毎日夜中に精気を充電して触れる人々に神気を分け与えてるのだろう。

無事御眷属様を拝借して帰るバスで、一緒になった女性と話してきた。
十年前から神社巡りをしているそうだが、スピ系の人ではなく古事記が好きなので主に古事記の神様の神社を巡っているそうだ。
色々話していくと、やはり呼ばれたと思う神社があるようで、そういう神社は台風が来ても、悪条件でも何故か行けることになると言っていた。
それもこんな「偶然が?」と思うようなシンクロが起こるらしい。
そして大抵そういう神社は来てよかったと思えるそうだ。

その話を聞いて、やはり神社は呼ばれるんだと改めて思ったものだ。
特に強い神社ほどそうらしい。
強すぎると体調の悪いときはかえって逆効果だとも。
それは実体験としてよくわかる。

私よりはるかに沢山の神社へ行っているので、とんだ参拝客のエピソードなどを教えてくれて結構笑った。
祈祷札には必ず記名してもらうが、大きな神社は新米神主が書く慣例があり必ずしも達筆とは言えない筆文字の場合もある。
出雲大社で祈祷札の字が下手だから書き直してもらうと怒っていたおばさまがいて、大国主命様も苦笑いだねと話していた。
確かに色々な神社へ行くと「トンデモ参拝客あるある」が体験できる。

まあ、人それぞれだし神社へ参拝に来る気持ちがあるだけでも、まだマシなのかもしれない。
面白い話が聞けて、世の中には私など比にならない神社仏閣巡りのマニアがいるのだと感心してしまった。



DSC_0889.jpg





 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR