悪霊・生霊の引き寄せ

2019–11–04 (Mon) 14:35
ある霊能者が言っていたが、除霊を依頼に来る人で本当に悪霊に取り憑かれて霊障を受けている人は1割ぐらいしかいないそうだ。
原因不明の不調とか運の悪さなどを感じると、見えない世界を信じている人はついそちらに原因を求めてしまう。
しかし大抵は自分がそれを作り出している場合が多い。

よく茶碗が割れたとか物が落ちて壊れたなどは、縁起が悪い、何か良くないことがあるのではないかと思ってしまう。
私もその傾向があるので、何かある度に疑心暗鬼になりそれを意識してしまっていた。
結果実際に何か起こったりする。
しかしこういったことは殆ど自分がその時に「縁起が悪い」とインプットしてしまって、その後よくないことが起こったら自分が引き寄せてしまっていると気付いた。

それと同じで、悪霊生霊が憑いて霊障を起こしているのではないかと疑念を持つ時も、仮にそうだとしても自分自身が何かしら思い当たることがあって、それが心に残り霊道やコードを繋げていわばウェルカム状態にしているからだ。
いくら悪霊生霊なりが飛んできても受信機が無ければ電波は跳ね返されるだけだが、原因を作ってしまった覚えがあればそれにこだわる心が受信機となってキャッチしてしまうわけだ。

生霊などは誰でも飛ばしたり飛ばされたりしているが、普通は大した影響もなく終わっている。
しかし例えば恨みを買うようなことをしたり、あるいは相手に悪いことをしたという良心の呵責が大きければ、お互いの想念がコードとなって繋がり相手の思念に呼応して自分が反応してしまう。
良心の呵責があれば自己刑罰的に具合が悪くなったり不調になったりするし、撥ね退けられなくなって本当に生霊に取り憑かれる状態になってしまうだろう。

占い師や霊能者の所に行って悪いことを言われると、それが引っ掛かり自分でネガティブに落ちていく場合などもそうだ。
もっと言えば懇意にしていた霊能者とうまく行かなくなり、「報いを受ける」などと物騒な言葉を吐かれた日には、もう恐ろしくて呪いでも飛ばされるのではないかと縮み上がるが、その段階ですでに自分自身に呪いをかけてしまっている。
相手に霊障を起こせるほどの占い師や霊能者はそういないし、もし出来たとしてもそんなことをしたら闇と繋がっているので本人自身がいずれ報いを受ける。

引き寄せの法則はよく言われるが、私も最近は確かに自分が潜在意識に刷り込んでしまったことは自分が現実化しているのではないかと思っている。
「これをやったらこうなる」というのは本人が作る法則で、実は外部的な力ではないことがほとんどだと思う。
何があっても必要以上に恐れる必要はないし、現実は自分が作り出しているのだという意識を刷り込めばいい。

そして考え方の転換だ。
仮にお守りのように大事にしていたブレスレットが切れたとしよう。
これを「大事なブレスレットが切れたから何か悪いことが起こる、怖い」と思うか「代わりに切れてくれた、厄を落としてくれたからもう大丈夫」と思うかの違いだ。
前者は自分で悪いことを引き寄せるパターンで、後者はすっきりして何も起こらないパターンだ。

「幽霊の正体見たり、枯れ尾花」という言葉があるが、悪霊生霊も相手にしないか、油を注ぎ燃え上がらせるかは実は自分の心持ちいかんなのだと思う。


aa89452ba72dab4ea2575350ae7cf1a9_s.jpg





 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR