来世の決め方

2019–09–15 (Sun) 15:33
ある程度の年齢になると過去を振り返りあの時に戻りたいとか、もう一度やり直したい、時間を巻き戻したいと思うことがある。
中にはまたやり直すのは真っ平で、生まれ変わり全く違う人生を送りたいと思うかもしれない。
多分生まれ変わっても、もう一度同じ人生をやりたいと思う人は少ないだろう。

私はスピリチュアルに覚醒してまずやったのは、自分が何のために生まれて来たのか知る事だった。
今の人生を説明するのは過去生を探るのが一番早かったので、いくつか関係のある過去生をヒプノセラピーで見つけ、それなりに今生の自分のあり方の謎が解けた部分はある。

今世の課題やテーマ、解消しなければならないカルマやの契約らしきものも、漠然とだが分かったように思う。
しかしだからと言って、それをすんなり解消出来るわけでも清算出来るわけでもなく、スピで言うブロックの解放や書き換えなどそうそう簡単には行かない。

いっそ何も知らず単純に生きて、喜怒哀楽を味わい普通に暮らしていた方が良かったかもしれない。
しかし必要があったからこそ違う世界を知るようになったのだから、もうかつての何も知らない頃には戻れない。

普通の人が知らない世界を知ることによって、価値観の変化や心象風景が変わってしまったことは多い。
しかし頭ではわかっていても、のテーマである今生の課題や宿業はまだまだクリアできておらず、事あるごとに挫折や無力感を感じる。
気負えば気負うほど一回りして同じ場所に戻ってきたり、迷宮の中をぐるぐる回ってまた振り出し、のような感覚を持つこともある。

ただ、最近気が付いたのは本人の自助努力とは別に、絶対に必要な事は上の守護者が否応なく道をつけやらせてくれるということだった。
思い返すに何度か過去にもそういうことはあった。
厳しい警告もされたし、それでもわからないと辛い修行もさせられた。
多分私が今世プログラムの本筋に戻るためなのだろうと思うし、かつて親しくしていた霊能者に「違う方向に行ってしまっていたと後ろの人達が言っている。」と言われたこともある。

時々考える。
今の私は自分の計画したの青写真に沿っているのだろうかと。
かなりの部分が解明できたとは思っているが、未来はいくつかの道があるような気がする。

神と交信し災害回避の神事で、世界中を回っている人が言っていた言葉がある。
「神は回避できるビジョンしか見せてくれない。」
だから予言や未来予報は当たらないのだろう。

これは個人にも言えるかもしれない。
ネガティブな未来は知った時点で努力や選択ができるということだ。
私もいくつかの未来を言われているが、ネガティブなものはその時点で変えるべく努力したい。

過去は変えることもできないし人生を最初からリセットすることもできない。
しかし未来は選択次第で変えられるので、もしかしたらブループリントに近づくために時には未来も見せられるのだろう。

悔いの残る生き方だとしても、それで終わりではない。
失った物の代わりに得た物もあるはずだ。
誰でもこれからどう生きるかが重要で、それが転生する来世の自分を決めることにもなる。


DSC_2163.jpg





 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR