お盆と幽霊

2019–08–15 (Thu) 14:45
お盆の真っ最中だが、この期間は普通の人でもあちらの世界に繋がりやすくなっている。
皆が皆死者に会うわけではないが、何かの拍子に波長が合ってしまうと厄介だ。
特に心霊スポットと呼ばれる場所は興味本位では行かない方がいい。

私がこれまで会ったスピ人間で、新宿、渋谷、池袋は行けないという人は複数いる。
エンパスや霊能力がある人は普段でも人混みは辛いが、特にいわくのある場所は地縛霊や浮遊霊が沢山いるので影響を受けてしまい、時にお持ち帰りもあって体はしんどい。

私は幽霊は見えない人間だが、昨日新宿のJR駅の構内で左腕を掴まれた。
誰かと思って後ろを振り向いても誰もいなかったので、この世の人ではなかったのかもしれない。
ひんやりと湿った感触だった。

お盆は日本中の死者が此岸と彼岸の間を行き来する.
家のある故人は家族の元へ戻るが、帰る場所のない霊達はあたりをさ迷い歩くのかもしれない。
無念を残して死んだ人達はそこにずっと留まって自分が死んだことも知らない場合もあるし、恨みつらみを残すと波長の合った人間を引っ張ることもある。

人身事故の起きる踏切や駅は、死ぬ気がないのに魔が差したようにふと電車に飛び込んでしまう人がいるという。
これなどは見る人が見たら、そこで死んだ人達が手招きをしているそうだ。
心が弱っていたりが抜けかかっているような人、あるいは自殺をした人と同じ悩みや問題を抱えていると波長が合ってしまい、呼ばれるようにふらりと行ってしまう。
自殺の名所の東尋坊や華厳の滝、青木ヶ原の樹海などは、死ぬ気が無くてもしっかりしていないとすっと心の空隙に入り込まれあの世へのコードが繋がってしまうのだろう。

渋谷のスクランブル交差点や池袋のサンシャインビルは有名な霊スポットだ。
東京は江戸時代から刑場があった場所などは縁起が良くないが、関東大震災や東京大空襲でもおびただしい人達が無念の死を遂げていて、東京自体が巨大な心霊スポットだと言っても過言ではない。

折しも今日は終戦記念日だ。
戦争で亡くなったが、至る所で悲しそうにこちらを見ているかもしれない。
そんな人達の犠牲の上に今日の日本があるということを、決して忘れてはいけないと思う。



1168201aa8d037ec1c839e76efe7e796_s.jpg





 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR