最大の悲劇は善人の沈黙

2019–07–08 (Mon) 15:24
参議院議員選挙が始まったが、相変わらず日本人の政治への無関心は止まらないようだ。
特に一部の社会派の若者と中年層を除いては、全世代の無関心と無知ぶりが著しい。

ギリギリの生活で政治や社会情勢に目を向ける暇がない生活弱者、サラリーマンだがブラック的な仕事で帰ったら寝るだけのワーカホリック、そして自分の楽しみにしか関心がない刹那的人々と分れているようだが、いずれも政治にも選挙にも無関心だ。
安定したサラリーマンでも読むのは日経かせいぜいネットニュースのヘッドラインくらい。
おまけに今の風潮として政治批判はご法度、政治の話もタブーのような日常では、投票用紙が来ても政策どころか立候補者もわからないだろう。

ここまで日本人の民度は落ちてしまった。
それもこれもマスコミと官僚の首を抑えた政権の狡猾な手法のせいだが、よほど老獪な策士がいるようだ。

国民の無気力無関心のおかげで、ひどい政権でも強大な権力を手に入れられたわけだ。
「数字は嘘をつかないが嘘つきは数字を使う」という言葉がある。
我が国の総理大臣と政府はこれをずっと実践してきた。
選挙応援でペラペラ得意げに喋る数字は、不正と改竄と歪曲の数字だ。
しかし国民は鵜呑みにするし都合の悪い真実の数字は、年金不足の2000万円のように否定する。

私が一番絶望的だと思うのは、野党同士で足の引っ張り合いをしていることで、都合の悪いことを指摘されると相手への批判に終始し大局的視野がなくなっている
与党の思うつぼだ。
奴隷というのは支配している者に対しては向かわず、お互いの中で優劣をつけたりいがみ合うという習性がある。
そしてリーダーは特権を与えられ、仲間の奴隷を監視する。
これをうまく利用しているのが奴隷制度だ。
今の日本はこの状態だとさえ思える。

それぞれの欠けた部分を補い小異を捨てて大同を目指せばいいのにと思うが、残念ながら真の相手は誰かを考えていない野党ばかりが多い。
それが誰を利するのか各野党も支持者も考えるべきだ。

キング牧師の有名な言葉を引用した候補者がいて、改めて調べてみると、真の政治家とはこういう人を指すのではないかと感動する言葉の数々があった。
以下幾つか引用する。

「最大の悲劇は、悪人の圧制や残酷さではなく、善人の沈黙である。」
「黙って服従することは、しばしば安易な道ではあるが、決して道徳的な道ではない。それは臆病者の道なのだ。」
「どこにおける不正であっても、あらゆるところの公正への脅威となる。」
「悪を仕方ないと受け入れる人は、悪の一部となる。悪に抵抗しない人は、実は悪に協力しているのだ。」
「この世で本当の無知と良心的な愚かさほど危険なものはない。」
「自由は決して圧制者の方から自発的に与えられることはない。しいたげられている者が要求しなくてはならないのだ。」

キング牧師の爪の垢を煎じて飲ませたい人が多すぎる。


martinlutherkingjr.png





 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR